ニールが6回1失点で自身6連勝! 北海道日本ハムは西川遥輝が先頭弾も惜敗

2019-08-20 21:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/20 ライオンズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月20日、メットライフドームで行われた埼玉西武対北海道日本ハムの19回戦は、3対2で埼玉西武が勝利。投打がかみ合い、連敗を止めた。

 1回表、北海道日本ハムのリードオフマン・西川遥輝選手が魅せる。埼玉西武の先発・ニール投手の高めの球を振りぬくと打球はライトスタンドへ。重いムードを吹き飛ばす先頭打者本塁打を放ち、北海道日本ハムが先制した。

 北海道日本ハム先発のロドリゲス投手に、4回まで1安打に抑えられていた埼玉西武だったが、5回表に反撃。外崎修汰選手の安打、敵失策と四球で1死満塁の好機を得ると、1番・秋山翔吾選手が逆転の2点適時打。さらに6回表、代わった玉井大翔投手から山川穂高選手が適時打を放ち、3対1と主導権を握る。

 逃げ切りを図る埼玉西武は7回から継投へ。7回表、この回からマウンドに上がった小川龍也投手は、先頭の渡邉諒選手に三塁打を浴びると、続く田中賢介選手の内野ゴロの間に1点を返されたがそれ以上の反撃は許さず。

 8回表を平井克典投手が3者凡退でつなぐと、8回裏に木村文紀選手の適時打で1点を追加。最終回は守護神の増田達至投手が締め、4対2で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発のニール投手が6回3安打2四球1失点の好投で自身6連勝。チームは連敗を止めた。敗れた北海道日本ハムは、僅差を跳ね返せず。8月はいまだ2勝と、トンネルを抜け出せなかった。

文・鈴木海斗