川島選手のサヨナラ弾で福岡ソフトバンクの連敗ストップ

2018-03-20 21:19 「パ・リーグ インサイト」編集部

3月20日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクと中日のオープン戦。5対6と1点ビハインドで迎えた9回裏、福岡ソフトバンクは中村晃選手の先頭打者弾で同点に追い付くと、川島選手がチームの連敗を8でストップさせるサヨナラ弾を放った。

マウンドには中日の守護神・田島投手。1点を追う9回裏、先頭の中村晃選手は初球から積極的に攻め、同点アーチを描く。これでスコアは5対5となり、試合が振り出しに戻ると、敵失もあってなおも2死1,3塁のチャンス。

ここで打席に立った2番・川島選手は田島投手の5球目を捉え、打球は大きな弧を描いて左翼席に飛び込むサヨナラ3ランとなる。試合は8対5で福岡ソフトバンクが勝利し、実に3月4日以来の白星を手にした。