モヤが4安打の大暴れ! オリックスが14得点の猛攻で鷹のマジック点灯阻止

2019-08-21 21:21 「パ・リーグ インサイト」編集部

8/21 ホークス対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 8月21日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンク対オリックスの第19回戦は、14対4でオリックスが快勝。初回に先制されたが、17安打14得点の猛攻で初戦をものにした。

 福岡ソフトバンク・高橋礼投手とオリックス・田嶋大樹投手の両先発で始まった試合は、序盤から動きを見せる。

 福岡ソフトバンクは1回裏、今日一軍に昇格し即スタメン復帰を果たした柳田悠岐選手が、広く空いた三遊間を破る安打で出塁。続く内川聖一選手がオリックス先発の田嶋投手が投じた5球目を振り抜くと打球は左翼席に飛び込む11号2ランに。その後、グラシアル選手が二塁打で出塁するとコラス選手に適時打が飛び出し、3点の先制に成功した。

 早い段階で追い付きたいオリックスは2回表、先頭のロメロ選手が中安で出塁。2死とされたが、西浦颯大選手が安打でつなぎ、安達了一選手が打席へ。安達選手が放った打球は適時打となり、取られた直後に1点を返し1対3とした。

 オリックスが鷹の背中を射程圏内に捉える。4回表、オリックスはロメロ選手が四球、モヤ選手が中安で出塁し、1死1,2塁と得点圏に走者を置く。さらに、西浦選手も安打で続き打席には2回に適時打を放った安達選手が入る。勝負が決まったのは2球目。鋭い当たりが名手・今宮健太選手を襲う適時内野安打となり2対3と1点差に詰めた。

 福岡ソフトバンクは4回裏、コラス選手がマルチ安打を記録すると牧原大成選手の内野ゴロで野選が記録され1死1,2塁に。続く甲斐拓也選手が安打で続くと、満塁の場面で福田秀平選手が右犠飛を放ち、1点を追加した。

 オリックスは6回裏、ついに試合をひっくり返す。先頭のロメロ選手、モヤ選手が連打で出塁し、2死2,3塁の場面で安達選手が今日4打点目となる2点適時二塁打を放ち、4対4の同点に。さらに続く若月健矢選手が右前適時打を放ち、1点のリードを奪った。7回表にはモヤ選手が適時打を放ち1点を追加。小田裕也選手には3号3ランが飛び出し、9対4と大きく突き放した。

 8回表、2死から吉田正尚選手の客席に飛び込むエンタイトルツーベースなどでチャンスを作ると、ロメロ選手が2点適時打を放ち、猛打賞をマーク。さらに、モヤ選手が右翼席最前列に7号3ランを突き刺すと、9回表には、一軍復帰登板の岩嵜翔投手から1点を挙げ、点差を10点に。9回裏は山田修義投手が3者凡退で締め、14対4で試合終了。

 勝利したオリックスは、ロメロ選手とモヤ選手の助っ人コンビが計5打点をたたき出すと、安達選手も負けじと3安打4打点の活躍で投手陣を援護した。敗れた福岡ソフトバンクは、復帰初戦の柳田選手に安打が出るも打線がつながらず。優勝マジックの点灯はお預けとなった。

文・須之内海