【ファーム】由規が4回0封。内田靖人が4打点など打線爆発の楽天が快勝

2019-08-22 16:51 「パ・リーグ インサイト」編集部
2安打4打点の内田靖人選手(C)パーソル パ・リーグTV

2安打4打点の内田靖人選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月22日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた、楽天と埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第18回戦は、10対1で楽天が快勝。投打で埼玉西武を寄せ付けず、3連勝を飾った。

 楽天は初回、小郷裕哉選手、藤田一也選手、今江年晶選手の3連打で1点を先制すると、2回裏には、西巻賢二選手の犠飛と小郷選手のタイムリーで2点を追加。埼玉西武先発の内海哲也投手から3点のリードを得た。

 楽天は3回表、先発の渡邊佑樹投手が水口大地選手、鈴木将平選手の連打からピンチを招き、戸川大輔選手の内野ゴロの間に1点を返されたが、3回裏に打線が追撃。

 埼玉西武2番手の郭俊麟投手から、ウィーラー選手のタイムリーで追加点を挙げると、4回裏には西巻選手が2打席連続の犠飛、5回裏には内田靖人選手に11号2ランが生まれ、5回までに7得点。5イニング連続の得点で7対1と試合を決定づけた。

 大量リードの楽天は、6回表から3番手として由規投手が登板。2イニングをパーフェクトでつなぐと、7回裏に内田選手の2点タイムリーなどで3点を追加。8回以降も由規投手が続投し、4イニングを無失点に抑えて10対1で試合終了。

 勝利した楽天は、内田靖人選手が4打点を挙げるなど、打線が爆発。3番手の由規投手は4回1安打無四死球の好投を見せた。敗れた埼玉西武は、先発の内海哲也投手が2回6安打1死球3失点と試合を作れず。後を受けた投手も失点を重ね、大敗を喫した。

  123456789 計
西 001000000 1
楽 12112030Ⅹ 10

西 ●内海哲也-郭俊麟-粟津凱士-森脇亮介
楽 渡邊佑樹-今野龍太-○由規

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】イーグルス・小郷裕哉の今日2本目のヒットはタイムリーに!!2019/8/22 E-L(C)パーソル パ・リーグTV