プロ初先発の北浦竜次と山岡泰輔の投げ合い。ロメロと清宮幸太郎の4番に注目

2019-08-23 09:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》魔球レベル!? B山岡泰輔が『カット&縦スラ』無双!!(C)パーソル パ・リーグTV

 8月23日、京セラドーム大阪でオリックスと北海道日本ハムの17回戦が行われる。1.5ゲーム差の4位・北海道日本ハムと6位・オリックスのカード初戦は、どのような展開を見せるか。

【今季対戦成績】
オリックス→6勝8敗2分 北海道日本ハム→8勝6敗2分

【オリックス】山岡泰輔投手 20試合9勝3敗 131.1回 122奪三振、防御率3.77
【北海道日本ハム】北浦竜次投手 1試合1勝0敗 1.2回 0奪三振、防御率5.40

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。前回登板した14日の埼玉西武戦では、5回6失点で降板した。直近の4試合では全て4失点以上を喫しているだけに、今日は好投を見せ、自身初の2桁勝利を達成したい。打線ではロメロ選手に注目。今季の北海道日本ハム戦では打率.400をマークしている。得意な相手から今日も安打を積み重ねたい。

 対する北海道日本ハムは北浦竜次投手が先発。今季初登板となった7月27日の前回登板では、2番手として1.2回を投げ、プロ初勝利を挙げた。プロ初先発となる今日のマウンドで、与えられた役割を果たしたい。打線では清宮幸太郎選手に期待。21日、22日と2試合連続で本塁打をマークした。このまま状態を上げ、苦しむチームを鼓舞できるか。