【ファーム】ウィーラー猛打賞も、シーソーゲームで粘れず楽天が敗戦

2019-08-23 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

イーグルス・ウィーラーが打った!! フェンス直撃の先制タイムリー!! 2019/8/23 E-G(ファーム)

 8月23日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた、楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第15回戦は、5対7で楽天が敗戦。終盤に再逆転を許し、首位の意地を見せることができなかった。

 楽天は釜田佳直投手、巨人は古川侑利投手で始まった試合は、両先発ともに走者を出す場面もあったが、3回まで無得点で序盤戦を終えた。

 先制したのは楽天。4回裏、1死1塁から6番・ウィーラー選手がフェンス直撃の適時二塁打を放ち待望の先制点を挙げる。しかしその後の5回表、援護を受けた釜田投手が崩れた。安打、犠打などで2死3塁のピンチを迎えると、適時内野安打を許し、なおも安打と四球で2死満塁から右前へ適時打を放たれ、この回一挙3点を失う。

 反撃に出たい楽天は、直後の5回裏に猛攻を見せる。この回の先頭・9番の西巻賢二選手から、4番の内田靖人選手まで5者連続安打で2点を奪って同点に追い付き、古川投手をノックアウト。さらに1死満塁から6番・ウィーラー選手が猛打賞となる適時打を放ち勝ち越すと、暴投でもう1点を加え、5対3とリードを広げ終盤戦へ。

 2番手・近藤弘樹投手が6回を無失点で抑え、このまま継投で凌ぎたかった楽天だが、7回表、3番手の今野龍太投手、4番手・西宮悠介投手がそれぞれ安打を許し、2死満塁でマウンドに上がった5番手・寺岡寛治投手が2本の適時打を浴び、3点を奪われ再逆転を許してしまう。

 さらに9回表、7番手・小野郁投手の暴投の間に走者が還り、点差は2点に。同点に追い付きたい楽天だったが、9回裏は3者凡退に抑えられて反撃ならず、5対7で敗戦。11安打の猛打虚しく、リリーフ陣が流れを作れなかった。

  123456789 計
巨 000030301 7
楽 000140000 5

巨 古川侑利-○藤岡貴裕-田原誠次-鍬原拓也-S堀岡隼人
楽 釜田佳直-近藤弘樹-今野龍太-●西宮悠介-寺岡寛治-久保裕也-小野郁 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/