マウエを目指す千葉ロッテは二木康太が先発。井上晴哉は連夜のアーチとなるか

2019-08-24 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【8回裏】マリーンズ・井上 この試合3本目のヒットは試合を決定づける2ランホームラン!! 2019/8/23 M-H9

 8月24日17時から、ZOZOマリンスタジアムにて千葉ロッテ対福岡ソフトバンクのカード2戦目が行われる。23日の試合では千葉ロッテが完封リレーで勝利し、シーズンの勝ち越しを決めた。優勝マジック点灯を目指す福岡ソフトバンクは、苦手な相手にどう応戦するか。見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→13勝6敗 福岡ソフトバンク→6勝13敗

【千葉ロッテ】二木康太投手 19試合6勝9敗 119回 108奪三振、防御率4.16
【福岡ソフトバンク】ミランダ投手 15試合6勝3敗 75.1回 51奪三振、防御率3.82


 千葉ロッテの先発は、二木康太投手。ここ3試合はいずれも5失点以上と失点が目立ち、自身4連敗中だ。福岡ソフトバンクに対しては4試合に登板し3勝、防御率2.88と良いイメージがあるだけに、何とかこの試合で立て直したいところ。

 千葉ロッテ打線からは井上晴哉選手に注目。福岡ソフトバンク戦の打率が4割を超え、本塁打も対パ最多の7本と好相性だ。前日も8回裏に決定打となる2ランを放っており、連夜のアーチに期待がかかる。

 対する福岡ソフトバンクはミランダ投手が登板。現在3連勝中と状態は悪くないが、千葉ロッテは3試合に登板し防御率12.10、2敗を喫している相手だ。中5日で迎えるこの試合では苦手意識を払拭し、自身の連勝を伸ばせるか。

 福岡ソフトバンク打線では、グラシアル選手に注目。ここ最近は当たりが少ないが、千葉ロッテ先発・二木投手からは7打数4安打1本塁打と相性が良い。これをきっかけに、勝負の9月に向けて状態を上げていきたい。