【ファーム】菅野剛士が同点弾も…… 唐川侑己が畠山和洋に決勝打を許し敗戦

2019-08-24 16:27 「パ・リーグ インサイト」編集部

【ファーム】マリーンズ・菅野剛士 ライトへの同点2ランホームラン!! 2019/8/24 M-S(C)パーソル パ・リーグTV

 8月24日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第16回戦は3対5で千葉ロッテが敗戦。東京ヤクルトとの対戦成績を9勝7敗とし、首位・楽天とのゲーム差は「2」に広がった。

 千葉ロッテ先発の西野勇士投手は3回表、連打と四球で満塁とされ、2死を奪ったところで降板。後を託された成田翔投手が坂口智隆選手を凡打に打ち取り、先制は許さず。4回表からは3番手として佐々木千隼投手がマウンドに上がった。

 千葉ロッテは4回裏、1死から連続四球と山口航輝選手の安打で満塁のチャンスを作ると、松田進選手の併殺崩れの間に3塁走者が生還。東京ヤクルト先発・館山昌平投手の隙を逃さず、先制点を挙げた。

 4回、5回と無失点に抑えていた佐々木投手だったが、6回表に崩れた。1死から坂口選手、濱田太貴選手の連打で2,3塁のピンチを招くと、続く大村孟選手に2点適時二塁打を浴び、逆転を許す。続く古賀優大選手にも適時打を許し、1対3と東京ヤクルトにリードを譲った。

 一転して追う立場となった千葉ロッテ。7回表から登板したチェン投手が2イニングを無失点に抑えると、8回裏に打線が奮起。1死から藤原恭大選手が安打で出塁すると、続く菅野剛士選手が4号2ランを叩き込み同点に。6回裏から完璧に抑えられていた東京ヤクルト2番手のスアレス投手を捉え、3対3と試合を振り出しに戻した。

 千葉ロッテは9回表、5番手の唐川侑己投手が得点圏に走者を背負うと、代打・畠山和洋選手、塩見泰隆選手に連続適時打を浴び、3対5と再び勝ち越しを許す。2点を追う9回裏は、2死から代打の藤岡裕大選手が二塁打を放ったが、最後は宗接唯人選手が見逃し三振に倒れ、3対5で試合終了。

 千葉ロッテは、佐々木投手と唐川侑己投手が踏ん張れず。打線も4安打と活気なく、惜敗した。9回裏に代打で実戦復帰を果たした藤岡裕大選手が二塁打を放ったことは吉報だ。

  123456789 計
ヤ 000003002 5
ロ 000100020 3

ヤ 館山昌平-○スアレス-S石山泰稚
ロ 西野勇士-成田翔-佐々木千隼-チェン-●唐川侑己

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【ファーム】マリーンズ・藤岡裕大 実戦復帰初打席で2ベースヒット!! 2019/8/24 M-S(C)パーソル パ・リーグTV