最も効率よく四球を選ぶ選手は? パの四球率と出塁率上位・下位10人を紹介

2019-09-04 12:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

【9回表】値千金の一発!! ファイターズ・近藤 右中間への3ランホームランで同点!! 2019/7/28 L-F

四球一つを選ぶのに必要な打席数を示す「四球率」

 「四球率」という指標がある。四球を一つ選ぶのに必要な打席数を表すこの指標は、「四球÷打席数」という明快な式で求められる。その値が高ければ、すなわちそれだけ効率よく四球を選んでいるということになる。

 単打も四死球も一つの塁を得るという点では同じ、というセイバーメトリクス的な価値観が広まってきたこともあり、四球の価値は徐々に高まりをみせつつある。そこで、今回はパ・リーグにおける四球率、および出塁率のランキングを確認し、各球団の主力打者がどの程度のペースでフォアボールを選んでいるのかを確認していきたい。(成績は9月2日現在)

他の選手を大きく引き離し、1位に輝いたのは……

 まずは、パ・リーグ内で四球率が高い選手たちの顔ぶれを確認していきたい。ランキング上位10人は以下の通りだ。

1位:近藤健介選手(北海道日本ハム) 四球率.178 三振率.135 打率.304
2位:ブラッシュ選手(楽天) 四球率.156 三振率.301 打率.262
3位:浅村栄斗選手(楽天) 四球率.143 三振率.262 打率.265
4位:吉田正尚選手(オリックス) 四球率.138 三振率.117 打率.326
5位:西川遥輝選手(北海道日本ハム) 四球率.137 三振率.168 打率.282
6位:井上晴哉選手(千葉ロッテ) 四球率.136 三振率.191 打率.249
7位:山川穂高選手(埼玉西武) 四球率.132 三振率.239 打率.252
8位:森友哉選手(埼玉西武) 四球率.127 三振率.162 打率.336
9位:デスパイネ選手(福岡ソフトバンク) 四球率.126 三振率.215 打率.271
10位:秋山翔吾選手(埼玉西武) 四球率.118 三振率.152 打率.309

 近藤選手が他の選手たちに大きな差をつけ、リーグトップの数値を記録している。投手の1打席あたりの平均投球数でも規定打席到達者の中ではリーグ最多であり、じっくりと球を見極めるタイプの選手であることが数字からも読み取れる。しかし、その一方で三振率は下から9番目(リーグ22位)。多くの球数を投げさせながら簡単には三振しないところも、優れた選球眼を持つことの証明といえるか。

 ブラッシュ選手は四球率がリーグ2位ながら、三振率はリーグトップ。同僚の浅村選手も四球率がリーグ3位、三振数がリーグ2位と、それぞれ三振を恐れずに際どいボールを見極めている。四球率7位、三振率4位の山川選手も、同じ傾向を示していると言えそうだ。デスパイネ選手も同じくリーグを代表する大砲の1人だが、先述の3人に比べれば四球率、三振数ともにやや低く、積極性とコンタクト力の高さというやや異なる特性が見えてくる。

 吉田正選手は四球率トップ10の選手の中では三振率が最も低く(リーグ25位)、近藤選手と同様に優れた選球眼を持っていると言えよう。他にも西川選手、井上選手、森選手、秋山選手と三振率が1割台に収まっている選手は多く、打者としてのタイプも長距離砲からリードオフマンまでさまざま。必ずしも、フォアボールが多い打者はその代償として三振が増える、というわけではなさそうだ。

四球率の低さは積極性の裏返し?

 続けて、四球率が低い選手たちの顔ぶれについても見ていきたい。規定打席到達者の中で、四球率が少ない順に10人を抽出したランキングは以下の通りだ。

30位:大田泰示選手(北海道日本ハム) 四球率.051 三振率.188 打率.288
29位:内川聖一選手(福岡ソフトバンク) 四球率.056 三振率.093 打率.258
28位:松田宣浩選手(福岡ソフトバンク) 四球率.058 三振率.198 打率.265
27位:源田壮亮選手(埼玉西武) 四球率.067 三振率.105 打率.286
26位:荻野貴司選手(千葉ロッテ) 四球率.071 三振率.104 打率.308
25位:鈴木大地選手(千葉ロッテ) 四球率.089 三振率.126 打率.299
24位:銀次選手(楽天) 四球率.090 三振率.100 打率.309
23位:ウィーラー選手(楽天) 四球率.0915 三振率.204 打率.239
22位:渡邉諒選手(北海道日本ハム) 四球率.0916 三振率.215 打率.272
21位:中村奨吾選手(千葉ロッテ)四球率.0917 三振率.168 打率.234

 大田選手は四球率トップの近藤選手とは同僚で、任されている打順も近いが、四球率ではそれぞれリーグ首位と最下位という対照的な結果に。近藤選手と大田選手の間には四球率.127と大きな差が生じており、打者としてのタイプの違いが表れている。三振率は.188とそこまで高いわけではないが、選んだ四球の数は113試合で26個。積極的な打撃が大田選手の魅力のひとつでもあるが、選球眼にはやや課題を残していると言えるか。

 四球の数が大田選手と同じ26個となっている内川聖一選手は、リーグで唯一三振率が.100を下回っている打者でもある。同僚の松田選手も四球率はほぼ同じ値で、両選手の積極性がうかがえるところ。荻野貴選手と鈴木選手も今季はチームで1・2番を組むケースが多かったが、四球率に関しては両者ともに低い。しかし、出塁率は揃って高い値を記録しており、チャンスメーカーとしての役割はきっちりとこなしていたといえそうだ。

 源田選手、荻野貴選手、銀次選手、鈴木選手の4人は三振率が.100台前半という優れた値を残しており、ここで取り上げた10選手中7人が三振率.100台となっている。残る3選手も.200台前半にとどまっており、四球が少ない打者は概ね三振も少ない傾向にあると言えそうだ。四球率上位10人は必ずしも三振が多いわけではなかったことを考えると、四球が少なければ三振も少ない、という命題のほうがより真に近いともいえそうだ。