離脱した北海道日本ハム清宮選手は絶望的? パ・リーグ6球団大予想、開幕1軍を掴むルーキーは?

2018-03-23 13:36 「Full-Count」編集部

各球団、オープン戦は残り3試合

プロ野球開幕まで、あと1週間。各球団、今週末の3連戦が最後のオープン戦となり、いよいよ2018年シーズンが幕を開けることになる。残り3試合でチームは開幕に向けて最後の調整、そしてメンバー編成の最後の見極めを行うことになる。

2018年シーズン、キャンプから大きな注目を集めた1人が早実から北海道日本ハム入りした清宮幸太郎内野手だった。7球団競合の末にプロ入りした高校通算111本塁打のスラッガーは1軍でキャンプをスタートさせたものの、限局性腹膜炎で入院して離脱。開幕1軍も厳しい状況となっている。

では、他球団はどうだろう。各球団それぞれのニーズを勘案して獲得してきたルーキーたち。果たして開幕1軍メンバーに割って入ってくる選手がどれだけいるだろうか。12球団でオープン戦出場実績のあるルーキーたちの開幕1軍入りの可能性を予想してみたい。開幕1軍入りが当確を◎とし、有力を○、可能性ありを△、厳しいを×とした。

埼玉西武のドラ3伊藤投手は確実、オリックス1位の田嶋投手はローテ入り

【福岡ソフトバンク】
△ 2位 高橋礼投手(2試合2回2安打1四球1三振2失点 9.00)

王者・福岡ソフトバンクで開幕1軍の可能性があるのは、ドラフト2位のサブマリン高橋礼投手。オープン戦初登板となった15日の巨人戦は長野選手に2ランを浴びて敗戦投手となったが、中1日での登板となった17日の千葉ロッテ戦は打者3人で片付けた。球界でも稀有なアンダースローだけに、中継ぎとして1軍に割って入る可能性も。

【埼玉西武】
△ 1位 齊藤大将投手(3試合6.1回8安打6四球6三振8失点 11.37)
◎ 3位 伊藤翔投手(5試合7.2回7安打2四球6三振1失点 1.17)

ドラフト3位の伊藤投手の開幕1軍が確実だ。四国アイランドリーグplusの徳島から入団した右腕は、オープン戦5試合でわずか1失点。中継ぎとして結果を残している。先発ローテ候補に挙がっていた1位の齊藤大投手は結果を残せず、ローテ争いから脱落。開幕1軍入りは厳しくなった。

【楽天】
△ 6位 西巻賢二内野手(11試合13打数3安打0本塁打0打点 .231)
× 7位 寺岡寛治投手(1試合1回3安打1四球0三振2失点 18.00)

オープン戦に出場したのは、6位の西巻選手と7位の寺岡投手の2人だけ。西巻選手はシュアな打撃を見せてポテンシャルの高さを伺わせているものの、高卒1年目。ファームで育てられることになるだろう。即戦力として期待された1位の近藤投手、2位の岩見選手が出てきていないのが寂しいところ。

【オリックス】
◎ 1位 田嶋大樹投手(2試合8.2回6安打3四球5三振5失点 3.12)
× 2位 K-鈴木投手(2試合2.2回5安打3四球1三振3失点 10.13)
△ 3位 福田周平内野手(10試合8打数0安打0本塁打0打点 .000)
○ 8位 山足達也内野手(11試合26打数7安打0本塁打4打点 .269)

1位の田嶋投手は開幕ローテ入りをほぼ確実にしており、オープン戦2試合もまずまずの投球を見せている。ついで有力なのが8位の山足選手。オープン戦11試合に出場してまずまずの成績を残しており、開幕1軍入りが有力な位置にいる。田嶋投手とともに即戦力として期待されていた2位のK-鈴木投手はオープン戦でアピール出来なかった。

千葉ロッテは2位の藤岡裕選手、4位の菅野選手が当確、揃って開幕スタメンの可能性も

【北海道日本ハム】
× 1位 清宮幸太郎内野手(7試合15打数0安打0本塁打0打点 .000)
○ 2位 西村天裕投手(5試合3.2回6安打2四球2三振3失点 7.36)

1位の清宮選手はオープン戦19打席ノーヒットが続き、さらには限局性腹膜炎で入院して離脱。栗山監督は可能性を探る発言をしているが、現実的には開幕1軍は厳しいと言わざるを得ない。20日の巨人戦で左膝下に打球を受けた西村投手は軽症で済み、開幕1軍入りが有力だ。

【千葉ロッテ】
× 1位 安田尚憲内野手(8試合13打数1安打0本塁打2打点 .077)
◎ 2位 藤岡裕大内野手(1試合4打数3安打0本塁打2打点 .750)
◎ 4位 菅野剛士外野手(11試合40打数10安打0本塁打3打点 .250)
× 5位 渡邉啓太投手(1試合3回6安打1四球1三振2失点 6.00)
× 6位 永野将司投手(2試合1回4安打2四球0三振5失点 45.00)

ドラフト2位の藤岡裕選手と同4位の菅野選手の2人は開幕1軍入りが確実だろう。キャンプ、練習試合と評価を高めていた藤岡裕選手は首を痛めて離脱していたが、23日の中日戦(ナゴヤD)で復帰予定。スタメンの座を争う位置におり、開幕1軍入りは確実だ。菅野選手もオープン戦11試合に出場し、開幕が近づいてきても外野のスタメンで起用されている。藤岡裕選手、菅野選手のルーキー2人が開幕スタメンに名を連ねる可能性もある。1位の安田選手はオープン戦8試合で1安打にとどまり、2軍降格となっている。