【ファーム】渡邊佑樹3回途中4失点。投打がかみ合わず楽天が大敗……

2019-09-07 17:38 「パ・リーグ インサイト」編集部
楽天・渡邊佑樹投手

楽天・渡邊佑樹投手

 9月7日、楽天イーグルス利府球場で行われた楽天と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦は、2対6で楽天が敗れた。

 楽天の先発・渡邊佑樹投手は初回、東京ヤクルトの4番・中山翔太選手のタイムリーで1点を失う。ただ、直後の1回裏、打線はオコエ瑠偉選手の四球と盗塁などで1死3塁とすると、3番・卓丸選手の犠飛ですぐさま同点に追い付く。

 しかし、2回表に勝ち越しを許した楽天。再び1点を追う展開となった3回裏は、9番・西巻賢二選手の三塁打と、またもオコエ選手の四球などで好機を迎えるものの、後続が東京ヤクルトの先発・原樹理投手を前に凡退し、得点ならず。

 渡邊佑投手は続く4回表にも崩れ、2点を献上したところで降板。3回途中4失点と、課題が残る投球内容となったが、後を受けた木村敏靖投手が好投を見せ、味方の援護を待つ。

 反撃に出たい楽天は6回裏、3番・卓丸選手の二塁打と2つの四球などで2死満塁とすると、代打・山下斐紹選手の内野安打で1点を返し、4対2とする。しかし直後の7回表、由規投手がスクイズなどでこの回2点を失ってしまった。

 楽天の4点ビハインドで迎えた最終9回裏、西巻選手がヒットで出塁するも、後続が凡退し、2対6で試合終了。敗れた楽天は、ランナーを出しながらもあと一本が出ず、首位の意地を見せることができなかった。

  123456789 計
ヤ 110200200 6
楽 100001000 2

ヤ ○原樹理-山中浩史-久保拓眞
楽 ●渡邊佑樹-木村敏靖-由規-西宮悠介-今野龍太 

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

文・後藤万結子