とにかく長かった! 今季の試合時間トップ5は?

2019-09-11 08:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

【12回裏】5時間超えの激闘にケリをつけたのはホークス・栗原のサヨナラ打!! 2019/7/8 H-L

「パーソル パ・リーグTV」では全戦最後まで生中継。今季の試合時間5傑は?

 プロ野球は攻撃側が3アウトにならなければ、攻撃が際限なく続いていくスポーツだ。それゆえ、試合展開によってその所要時間は大きく変わってくる。延長戦になった試合も含めた、今季のNPBにおける平均試合時間は3時間22分。しかし、今季のパ・リーグで最も短い試合は2時間21分、最も長い試合は5時間21分と、試合時間の上下幅は3時間にも及んでいる。

 プロ野球史上最長となっているのは1992年9月11日の阪神対ヤクルトで、試合時間は実に6時間26分。今季のパ・リーグでは6時間超えの試合はないが、試合時間が5時間を上回ったゲームは8試合存在している。そこで、今回は今季のパ・リーグで試合時間の長さがトップ5に入った試合をそれぞれ紹介。いずれも延長12回にもつれ込んだ熱戦の詳細を、あらためて振り返っていきたい。

1位タイ:4月23日 千葉ロッテ対埼玉西武(5時間21分)

4/23 マリーンズ対ライオンズ ダイジェスト

 千葉ロッテが涌井秀章投手、埼玉西武はニール投手という両先発で始まったこの試合。千葉ロッテは1回裏に荻野貴司選手の足を絡めた攻撃を見せ、清田育宏選手の内野ゴロの間に1点を先制。埼玉西武も直後の2回表に中村剛也選手の犠飛で同点に追いつくと、4回表には木村文紀選手のソロと源田壮亮選手の適時打で2点勝ち越し。しかし、千葉ロッテはZOZOマリンで同日11時から行われていた“親子ゲーム”にもフル出場していた井上晴哉選手が同点の2点適時二塁打を放つと、荻野貴選手にも2点適時二塁打が飛び出して逆転に成功する。

 しかし、埼玉西武の強力打線も黙ってはいない。5回表に山川穂高選手がバックスクリーンに特大のソロを放って1点差に詰め寄ると、6回表に2番手の種市篤暉投手から秋山翔吾選手が犠飛を放ち、試合は5対5の同点に。6回裏に角中勝也選手の内野ゴロとレアード選手の適時打で千葉ロッテが2点を勝ち越し、7回裏には荻野選手が再び適時打を放って3点差とするが、8回表に埼玉西武が中村選手のソロ、山川選手と森友哉選手の連続適時打などで、一気に4点を奪って再び試合をひっくり返す。

 しかし、直後の8回裏、2死無走者という場面で鈴木大地選手が値千金の同点ソロを放ち、そのまま試合は延長戦に突入する。11回表には千葉ロッテが1死2,3塁という絶体絶命のピンチを凌ぐと、12回裏に埼玉西武も1死1,2塁というサヨナラの危機で清田選手をダブルプレーに仕留め、同点のまま試合終了。両者とも最後まで譲らなかった乱打戦は、9対9の引き分けという結果に終わっている。

1位タイ:7月8日 福岡ソフトバンク対埼玉西武(5時間21分)

7/8 ホークス対ライオンズ ダイジェスト

 今や、毎年おなじみとなった福岡ソフトバンクの「鷹の祭典」。そのうちの一試合として東京ドームで行われたこの一戦は、2回裏のデスパイネ選手のソロを皮切りに、3回裏に内野ゴロの間に1点、4回裏に松田宣浩選手のソロ、5回裏に上林誠知選手の2ランと、福岡ソフトバンクが4イニング連続で小刻みに点を重ねていき、5回までに5対0と大きなリードを奪う。

 しかし、埼玉西武も6回表に28打席無安打と大スランプだった山川選手に、久々の安打となるソロが飛び出して反撃開始。7回表には3番手の武田翔太投手を攻め立て、外崎修汰選手の適時内野安打、山川選手の適時打、中村剛也選手の2点適時二塁打で、一気に4点を奪って試合を振り出しに戻す。直後の7回裏に福岡ソフトバンクが内川聖一選手の犠飛で1点を勝ち越し、森唯斗投手の離脱を受けて抑えを務める甲斐野央投手が1点リードのまま9回のマウンドに上がる。しかし、2死3塁から森友哉選手がまさに起死回生の逆転2ランを放ち、埼玉西武が劇的なかたちで勝ち越しに成功する。

 だが、荒れた試合はこのまますんなりとは終わらなかった。9回裏に埼玉西武の守護神・増田達至投手から上林選手がこの試合2発目となるソロを放ち、土壇場で試合を振り出しに戻す。延長戦では埼玉西武が11回表、12回表と2イニング連続で得点圏に走者を進めたものの、あと1本が出ずに勝ち越しはならず。すると、12回裏に福岡ソフトバンクは1死満塁と絶好のチャンスを作り、代打に栗原陵矢選手が送り込まれる。23歳の若武者はしびれる場面で値千金のサヨナラ犠飛を放ち、5時間を超える熱戦に終止符を打った。

3位:8月1日 千葉ロッテ対オリックス(5時間18分)

8/1 マリーンズ対バファローズ ダイジェスト

 試合は千葉ロッテ・ボルシンガー投手とオリックス・K-鈴木投手の先発で開始。千葉ロッテが1回裏に相手の野選と内野ゴロで2点を先制するが、ロメロ選手が3回表に適時打、5回表に犠飛と活躍を見せ、オリックスが同点に追いつく。千葉ロッテは5回裏にマーティン選手の豪快なソロで勝ち越すと、6回裏には中村奨吾選手と柿沼友哉選手の連続適時打でリードを3点に広げ、継投策で無失点に抑えて終盤まで優位に試合を進めていた。

 しかし、オリックスは8回表に5番手の唐川侑己投手を捉え、宗佑磨選手の2ランと中川圭太選手の適時打で同点に。代わった東條大樹投手から後藤駿太選手が押し出しの四球を選び、この回4点を奪って一気に勝ち越しに成功する。だが、千葉ロッテも直後の8回裏に海田智行投手から荻野貴司選手が適時三塁打を放ち、再び試合は振り出しに。千葉ロッテは9回裏にも2死2,3塁とサヨナラのチャンスを掴むが、ここはオリックスの守護神・ディクソン投手が踏ん張りを見せ、試合は延長戦に突入していく。

 11回裏にも千葉ロッテは再び2死2,3塁の場面を作ったが、ここでも試合を決めることはできず。それでも12回表を東妻勇輔投手が無失点に抑えて敗戦の可能性がなくなると、12回裏に1死満塁と3度目のサヨナラのチャンスが訪れる。ここで打席に入ったマーティン選手が、エップラー投手から冷静に押し出しの四球を選んで試合を決めた。12回表を抑えたルーキーの東妻投手にとっては、嬉しいプロ初勝利を手にした試合となった。