本当に「強いチームは接戦に強い」のか。 状況別の勝率、投打の数字から分析

2019-09-11 18:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

ホークス・千賀・甲斐『歓喜の抱擁』を60秒マルチアングルで!!

 よく、「強いチームは接戦に強い」と言われる。大差のついた試合ではリリーフ陣や守備が多少不安定でもそのまま逃げ切れる可能性が高いが、僅差の試合を確実にものにするリリーフ陣や守備の堅さ、緊迫した場面でチャンスを得点に結びつけるための勝負強さといった要素が、長いシーズンで安定して勝星を積み重ねていくためには必要という考え方によるものかもしれない。

 そこで、今回は今季の順位と接戦時の勝率に、どの程度の相関性があるのかについて調べていきたい。ここでは3点差以内の試合を僅差と定義し、最終結果が3点差以内の試合と、4点以上の差がついた試合における各球団の勝率を紹介する。(成績は9月9日時点)

首位のチームは“セオリー通り”となっている一方で……

北海道日本ハム(リーグ5位)
3点差以内:79試合 36勝43敗 勝率.456
4点差以上:45試合 23勝22敗 勝率.511
通算:129試合 59勝65敗5分 勝率.480

楽天(リーグ4位)
3点差以内:90試合 43勝47敗 勝率.478
4点差以上:36試合 20勝16敗 勝率.556
通算:130試合 63勝63敗4分 勝率.500

埼玉西武(リーグ2位)
3点差以内:70試合 37勝33敗 勝率.529
4点差以上:58試合 34勝24敗 勝率.586
通算:129試合 71勝57敗1分 勝率.560

千葉ロッテ(リーグ3位)
3点差以内:81試合 36勝45敗 勝率.444
4点差以上:46試合 28勝18敗 勝率.609
通算:131試合 64勝63敗4分 勝率.500

オリックス(リーグ6位)
3点差以内:75試合 41勝34敗 勝率.547
4点差以上:47試合 14勝33敗 勝率.298
通算:128試合 55勝67敗6分 勝率.450

福岡ソフトバンク(リーグ1位)
3点差以内:86試合 53勝33敗 勝率.616
4点差以上:39試合 17勝22敗 勝率.436
通算:129試合 70勝55敗4分 勝率.560

 福岡ソフトバンクは接戦時の勝率がリーグ内で唯一.600を超えており、まさに接戦に強いチームといえる。その一方で、4点差以上での勝率はリーグ5位。僅差の試合における抜群の強さこそが、リーグ首位に立っている理由だろうか。一方、埼玉西武は看板の強力打線が猛威を振るって不振の投手陣をカバーしている印象が強いが、4点差以上の試合だけでなく接戦時の勝率も優れており、大差時と接戦時で共に.500以上の勝率を記録している唯一のチームとなっている。

 楽天と千葉ロッテはどちらも大差となった試合では優れた勝率を記録しているものの、接戦の試合ではやや脆いという数字が出ている。現在両者は熾烈なAクラス争いを繰り広げているが、この数字を改善することが3位以上を狙うにあたって重要になってくるか。5位の北海道日本ハムは3点差以内の勝率がリーグ5位で、大差が開いた試合の成績も1つの勝ち越しにとどまっている。苦しい戦いが続いている理由の一端は、このあたりにあるのかもしれない。

 一方、オリックスは3点差以内の試合での勝率は福岡ソフトバンクに次ぐリーグ2位ながら、4点差以上の試合の勝率は極端に低くなっている。接戦に強いという要素を備えながら現在リーグ最下位と波に乗り切れておらず、僅差の試合を勝ちきれるというだけでは上位に進出できないという事実もまた浮かび上がってくる。

首位に立つ福岡ソフトバンク、その投手力はやはり盤石か

 接戦の試合を確実に勝利へと繋げるためには、勝ちパターンで投げる投手たちのピッチングが重要になってくることは言うまでもない。そこで、ここからは各球団の投手陣の成績を先発とリリーフに分け、その中から今回の記事の趣旨に沿った3つの数字をピックアップしていきたい。

北海道日本ハム
先発 平均投球回4.65 平均投球数75.51 防御率4.02
リリーフ 平均投球回4.27 平均投球数70.16 防御率3.59

楽天
先発 平均投球回5.45 平均投球数91.82 防御率4.28
リリーフ 平均投球回3.65 平均投球数62.03 防御率3.21

埼玉西武
先発 平均投球回5.58 平均投球数97.14 防御率4.88
リリーフ 平均投球回3.46 平均投球数61.47 防御率3.73

千葉ロッテ
先発 平均投球回5.62 平均投球数96.31 防御率4.04
リリーフ 平均投球回3.45 平均投球数57.67 防御率3.60

オリックス
先発 平均投球回5.65 平均投球数94.73 防御率3.87
リリーフ 平均投球回3.44 平均投球数61.14 防御率4.44

福岡ソフトバンク
先発 平均投球回5.54 平均投球数95.96 防御率3.89
リリーフ 平均投球回3.5 平均投球数62.68 防御率3.17

 北海道日本ハムはショートスターターやオープナーを積極的に導入していることもあり、先発の平均投球回と平均投球数が他球団と比較すると目に見えて少なくなっている。平均投球回が5回に到達していないのも、平均投球数が90未満となっているのもパ・リーグでは1チームだけだ。

 また、先発とリリーフの両方で防御率3点台を記録しているのは福岡ソフトバンクだけ。投手陣にも故障者が続出しながらこれだけの数字を残せている層の厚さが、接戦で素晴らしい強さを発揮できている理由か。一方、埼玉西武は先発投手の防御率がリーグ最下位、リリーフ陣もリーグ5位と、投手陣は安定感を欠いている。強力打線がそれを補って余りある働きを見せていることが、チームの高い勝率へとつながっているのだろうか。

 楽天はリリーフ防御率がリーグ2位、千葉ロッテは3位と0.01差の4位と十分な数字を残しているが、それぞれ接戦時の勝率は楽天が4位、千葉ロッテが最下位と芳しくない。リリーフ防御率がリーグワーストとなったオリックスが接戦に強く、リリーフ防御率リーグ3位の北海道日本ハムは接戦時の勝率がリーグ5位に沈んでいることを考えると、必ずしも救援陣の強さが接戦での勝利に直結するわけではないとも言えそうだ。