楽天はエース則本昂大が先発。負けられない北海道日本ハムは加藤貴之に託す

2019-09-10 22:19 「パ・リーグ インサイト」編集部

イーグルス・則本昂大 勝利ならずも9奪三振(C)パーソル パ・リーグTV

 9月11日、東京ドームで北海道日本ハムと楽天の第24回戦が行われる。連勝が止まった北海道日本ハムと、勝利すれば今季このカードの勝ち越しが決まる楽天はどのような試合を見せるか。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→10勝12敗1分 楽天→12勝10敗1分

【北海道日本ハム】加藤貴之投手 24試合5勝6敗 82回 60奪三振、防御率3.73
【楽天】則本昂大投手 9試合3勝5敗 49回 50奪三振、防御率3.67

 北海道日本ハムの先発は加藤貴之投手。前回登板した4日の千葉ロッテ戦では、勝ち星こそ付かなかったものの、5回7奪三振無失点の好投を披露した。負けられない試合が続く中、11日も試合を作る投球で勝利に貢献できるだろうか。

 打線では大田泰示選手に注目したい。現在4試合連続安打中で打率は.291となっている。自身初の3割到達に向け、1本でも多くの安打を放ちたいところ。

 対する楽天の先発は則本昂大投手だ。8月以降は不調に苦しみ、白星が遠い試合が続いている。エースとして本来の投球を披露し、負けられない試合が続くチームを勝利に導けるか。

 打線の注目は浅村栄斗選手だ。打撃不振に苦しみ続けた浅村選手だが、9日のオリックス戦では29号ソロを含む3安打3打点をマークし、復調の兆しが見え始めた。周囲からのプレッシャーに負けず、浅村選手らしい大きなバッティングに期待したい。