好調千葉ロッテが苦境オリックスを迎える一戦。打線は清田育宏に注目

2019-09-10 23:06 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回裏】マリーンズ・小島和哉 6回1失点の好投で勝利投手の権利を得る!! 2019/8/14 F-M(C)パーソル パ・リーグTV

 9月11日、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテとオリックスの第23回戦が行われる。10日の試合では2試合連続の2桁得点で連勝を飾った。千葉ロッテが、今月は未だ勝利なく8連敗と苦しむオリックスをホームで迎え撃つ一戦。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→8勝13敗1分 オリックス→13勝8敗1分

【千葉ロッテ】小島和哉投手 8試合2勝4敗 42.1回 34奪三振、防御率4.68
【オリックス】張奕投手 6試合2勝2敗 22回 15奪三振、防御率4.50

 千葉ロッテの先発は小島和哉投手。8月は4試合で防御率1.88の好成績を残し、前回登板した4日の試合では6回2失点の好投を見せた。安定して試合を作っている左腕は3勝目をつかめるか。

 対するオリックスは張奕投手が先発。前回、前々回と4.2回でマウンドを降りる悔しい結果が続いている。先発としては初対戦となる千葉ロッテ相手に、好投を披露したい。

 千葉ロッテ打線では清田育宏選手に期待しよう。10日の北海道日本ハム戦では5番で出場すると、4打席全てで出塁し、下位打線の爆発による大量得点へ結びつけた。11日も打線の接着剤として、得点につながる働きができるだろうか。

 苦境を抜け出したいオリックス。打線では山足達也選手にスポットを当てる。直近では3試合連続安打を放ち、1割台の打率も少しずつ上昇中。三遊間に故障者が相次いで得たチャンスをつかみつつある山足選手が、連敗脱出に向けどんな活躍を見せるだろうか。