楽天平石監督、則本のボーク判定に納得いかず「今までと何が違うんかと」

2019-09-11 22:33 「Full-Count」編集部
楽天・平石監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

楽天・平石監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

6回に長い挟殺プレー後にボーク宣告「まさかあの動きでボークと言われるとは」

■楽天 3-1 北海道日本ハム(11日・東京ドーム)

 楽天は11日、東京ドームで行われた北海道日本ハム戦で3-1で競り勝った。2連勝で貯金1。今季の北海道日本ハム戦カード勝ち越しを決めた。CS争う3位・千葉ロッテとは1ゲーム差で踏みとどまったが、試合後の平石洋介監督は6回の則本昂大投手のボーク判定に納得がいかない様子だった。

 指揮官が“疑問視”したのは、1点リードの6回無死一塁の守りだった。則本が一塁へ素早い牽制。一塁走者・西川を挟殺プレーでアウトにしたかに見えたが、その後の審判団の協議で判定はボークとなった。平石監督は「審判がボークと言うのでね。ボークかもしれないですけど、それまでの牽制と何が違うんかと。色々と言うと批判になってしまうので、映像をしっかり見たいと思います。(審判団は)肩が入ったと。こちらも映像を見てないので、肉眼しか見てないので、なんとも言い難いですけど」と首をかしげた。

 投手-一塁-遊撃-投手-一塁と挟殺プレーが長く続いた後でのボーク宣告。続く無死二塁で則本は近藤に左前適時打を浴びて一時同点に追いつかれていた。指揮官は「まさかあの動きでボークと言われると思ってなかったので。(ボーク宣告した)三塁審判の動きを見てないので。ただ、それまで(の牽制)と何が違うんかなと。(審判への)文句ではないですよ。(則本は)納得はしてないですよね」と腑に落ちない様子。則本は「覆らないので仕方ないです。1点を取られたことは悔しかったですけど、その後は追い越されなかったので」と話すにとどめた。

 試合は4回にブラッシュが中越え32号ソロ。球団の外国人選手によるシーズン最多本塁打で先制すると、1-1で迎えた9回に3四死球などで1死満塁とし、銀次の右前2点打で勝ち越した。3位・千葉ロッテとの熾烈なCS争いが続いているだけに大きな勝利となった。平石監督は「(銀次は)素晴らしいバッティングをしてくれましたね。とにかく勝たないといけないので。みんなそのつもり」と表情を引き締めていた。

(Full-Count編集部)