【MLB】平野佳寿、1回を完璧救援 復帰後2度目の登板で2三振奪い無失点

2019-09-14 12:59 「Full-Count」編集部
ダイヤモンドバックス・平野佳寿※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

ダイヤモンドバックス・平野佳寿※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

レッズ戦の7回に2番手で登板して無安打無失点

■Dバックス – レッズ(日本時間14日・アリゾナ)

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が13日(日本時間14日)、本拠地でのレッズ戦に2番手で登板して1イニングを無失点に封じた。右肘の炎症から復帰後2度目の登板で無失点に抑えた。

 1点ビハインドの7回からマウンドに上がった平野。先頭のイグレシアスを三ゴロに打ち取ると、オグラディを空振り三振、代打のペラルサもスプリットで空振り三振に仕留めた。1イニングで降板となり、1回をパーフェクトに封じた。

 これが今季57試合目の登板となった平野。今季の成績は4勝5敗1セーブで、防御率は5.06となった。

(Full-Count編集部)