福岡ソフトバンクは連勝でマジックを減らせるか? 主砲・デスパイネに期待

2019-09-14 18:15 「パ・リーグ インサイト」編集部

【5回表】ホークス・デスパイネ 6試合ぶりのホームランは反撃開始を告げる一発‼ 2019/9/11 L-H(C)パーソル パ・リーグTV

 9月15日、札幌ドームで北海道日本ハム対福岡ソフトバンクのカード2戦目が行われる。14日の試合は、福岡ソフトバンクが北海道日本ハムのエース・有原航平投手に黒星をつけた。確実にマジックを減らしたい首位・福岡ソフトバンクと、ひとつでも上の順位を目指す北海道日本ハムの一戦の見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→6勝14敗1分 福岡ソフトバンク→14勝6敗1分

【北海道日本ハム】杉浦稔大投手 12試合3勝4敗 55.1回 46奪三振、防御率3.74
【福岡ソフトバンク】和田毅投手 10試合4勝4敗 48.2回 39奪三振、防御率3.88

 北海道日本ハムの先発は杉浦稔大投手。今季、福岡ソフトバンク戦3試合に登板するも勝ち負けは付いていない。3勝2敗と勝ち越している本拠地・札幌ドームで、福岡ソフトバンクに対しての今季初勝利を目指す。

 一方、福岡ソフトバンクの先発マウンドに上がるのは和田毅投手。直近3試合では1勝2敗と負け越しているものの、1カ月前の北海道日本ハム戦では5回1失点で勝ち投手になっている。チームのリーグ制覇のため、頼れるベテラン左腕の力は必要不可欠。15日の試合でも巧みな投球術に期待したい。

 北海道日本ハム打線の注目は渡邉諒選手だ。9月の月間打率は1割台と苦しんでいるが、14日の試合ではマルチ安打を記録。残り少ないシーズンとなり、苦しい時間の続く若手が不調を脱せるかに注目したい。

 対する福岡ソフトバンクの注目は主砲・デスパイネ選手。14日の試合でチームは勝利したものの、主砲としての仕事を果たすことはできなかった。今季は1本塁打のみの札幌ドームでアーチをかけることはできるか。主砲の豪快な一振りに期待大だ。

文・須之内海