千葉ロッテ井口監督、外野陣交錯のサヨナラ負けに淡々 「難しい? 普通の打球でした」

2019-09-15 18:07 「Full-Count」編集部
千葉ロッテ・井口監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・井口監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

延長11回に木村の放った飛球を左翼手・加藤と中堅手・荻野が交錯し木村が生還

■埼玉西武 6-5 千葉ロッテ(15日・メットライフ)

 千葉ロッテは15日、敵地での埼玉西武戦を延長11回、5-6でサヨナラ負けを喫した。埼玉西武・木村が放った左翼への飛球を加藤、荻野が交錯し打球が転々とする間に打者走者が一気に生還しての敗戦に井口監督は「難しい? ふつうの打球でした。エラーした方が負け」と語った。

 1点を追う9回に荻野のタイムリーで試合を振り出しに戻したが、延長11回2死走者なしから木村の飛球を左翼手・加藤と中堅手・荻野が交錯(記録は加藤の失策)し木村が一気にホームに生還するあっけない幕切れとなった。

 サヨナラ負けの要因となった加藤は「必死にやっていったけども…声が届かなかった、僕のグラブだと思う」と語ると、荻野も「声の連携できてなかった。勝てた試合だった」と悔しさをにじませていた。

 試合後、井口監督はまさかの結末に「難しい? 普通の打球でした。エラーした方が負け。引き締めて頑張るしかない」と語っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)