首位と1差の福岡ソフトバンクと3位と1差の楽天。高橋礼と美馬学が先発

2019-09-17 20:11 「パ・リーグ インサイト」編集部

ホークス・高橋礼 7回1失点の力投 2019/04/07 (C)パーソル パ・リーグTV

 9月18日、ヤフオクドームで福岡ソフトバンクと楽天の第24回戦が行われる。首位奪取へ負けられない福岡ソフトバンクとCS進出へ負けられない楽天、勝利で勢いをつけるのはどちらか。見どころを紹介していく。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→13勝10敗 楽天→10勝13敗

【福岡ソフトバンク】高橋礼投手 20試合11勝4敗 124.2回 68奪三振、防御率3.18
【楽天】美馬学投手 23試合7勝5敗 133.2回 104奪三振、防御率4.17

 福岡ソフトバンクの先発は高橋礼投手。楽天と前回対戦した3日の試合では、7.1回2失点の好投を見せた。首位を争うチームを引っ張る投球を見せたい。

 打線で注目すべきは内川聖一選手。楽天戦での打率は.316と、得意としている。頼れるベテランの打棒で、首位奪取へまい進するチームを引っ張りたい。

 対する楽天の先発は美馬学投手。ここ6試合は白星なしと苦しい投球が続いている。ここ一番の試合で快投を見せられるか。

 打線では浅村栄斗選手に注目したい。16日のオリックス戦では、30号3ランを含む3安打4打点と、勝利に大きく貢献した。チームの主軸として、チームを勝利へ導きたい。