鷹・中村晃が千金の決勝犠飛 気持ちが「楽になった」周東&上林の隠れた好プレー

2019-09-19 22:28 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・中村晃※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・中村晃※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

8回1死二、三塁のチャンスで打席に立ち、増井から右翼へ決勝犠飛

■福岡ソフトバンク 4-3 オリックス(19日・ヤフオクドーム)

 福岡ソフトバンクは19日、本拠地ヤフオクドームでオリックス戦を戦い、4-3で競り勝った。連敗を3で止め、埼玉西武との2ゲーム差をキープ。あとがない状況で、なんとか踏みとどまった。

 勝負を決めたのは、中村晃のバットだった。同点で迎えた8回。1死からグラシアルが四球で出塁、内川が中前安打で続くと、代走の周東が俊足を飛ばして一気に三塁へと進んだ。さらに、内川の代走・上林もすぐさま二塁盗塁を決めて、1死二、三塁のチャンスは出来上がった。

「ここで1点取れば、(森)唯斗が抑えてくれると。ココしかないという感じはありました」。1ボールからの2球目。2球続いたフォークをすくい、右翼へと運んだ。「前に来ていたので、バットに当てれば何とかなるかなと思っていた」という打球の飛距離は十分。悠々と周東が本塁に生還して決勝点を奪い取った。

 大きかったのは直前の周東、そして上林の走塁だ。内川の中前安打で周東が三塁まで進んだことで「楽にはなりました」。ヒットだけでなく、外野フライでもいいという状況になった。さらに、初球で上林が二塁に進んだ。これにより、内野ゴロ併殺打の可能性もなくなった。三塁走者が周東であれば、ある程度の内野ゴロでも生還できる。そんな心の“余裕”も決勝打に繋がった。

「僕たちは全部勝たないといけない。埼玉西武が勝っているので、負けていたら絶体絶命だった」。埼玉西武のマジックは5に減り、ゲーム差は2のまま。残りは7試合と不利な状況には変わらないが、可能性あるかぎりホークスナインは必死に戦っていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)