オリックス岸田、笑顔の引退会見 唯一やり残したことは「優勝したかった、そこだけが悔い」

2019-09-20 16:32 「Full-Count」橋本健吾
引退会見に臨んだオリックス・岸田護※写真提供:Full-Count(写真:橋本健吾)

引退会見に臨んだオリックス・岸田護※写真提供:Full-Count(写真:橋本健吾)

引退試合は29日の福岡ソフトバンク戦「投げる機会がなかったら困ります(笑)」

 オリックスの岸田護投手が20日、京セラドームで会見を行い、今季限りでの引退を表明した。オリックス一筋、プロ14年目のベテラン右腕は「悔いがないと言えばゼロではないが、やり切ったという気持ちはある」と笑顔で引退を口にした。

 ここまで通算432試合に登板し44勝30敗、63ホールド、63セーブと先発、リリーフとしてチームを牽引。だが、今季はここまで1軍登板がなく「怪我ばっかりだった。心のどこかでまだできるというのはあるが、それは『過信』やでって。すっきりしている」とユニホームを脱ぐ覚悟を決めた。

 2009年には10勝を挙げたがシーズン途中に抑えに配置転換。その後は平野(現ダイヤモンドバックス)と共にセットアッパー、守護神として鉄壁のリリーフ陣を形成した。

 在籍した14年間でリーグ優勝は一度もなかった。チームの最高順位はリーグ2位となった2008、14年で共にクライマックスシリーズ、第1ステージで敗れている。唯一、やり残したことは「優勝したかった。そこだけですね悔いがあるのは」と語った。

 オリックスで過ごした14年間を改めて問われると「そんな声を大にして胸を張れる数字を持ってないですが、楽しかった。すごく野球に向き合えました」と笑顔を見せた。

 最後まで笑顔で会見を締めくくった背番号「18」。今季最終戦となる9月29日の福岡ソフトバンク戦で引退セレモニーが行われる。最後の登板にも期待がかかるが「投げる機会がなかったら困ります(笑)。全力でそこに向かっていきたい」とラスト登板に照準を合わせていた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)