千葉の誇り・福浦和也。マリーンズ一筋26年、数々の名場面を振り返る(前編)

2019-09-23 08:30 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

マリーンズ・福浦 通算2000安打までの軌跡

 9月23日、千葉ロッテ・福浦和也選手の引退セレモニーが開催される。地元・千葉県出身、千葉県の高校からマリーンズに入団して以降、一度も移籍を経験することなく野球人生を送ってきた、いわゆる再狭義のフランチャイズプレイヤーだ。球団史上最多の2234試合に出場し、生え抜きとしては球団3人目の2000本安打も達成。2005年と2010年の日本一にも主力として大きく貢献した、まさしく球団史に残る偉大な選手の一人だ。

 今回は、そんな福浦選手の功績をたたえて、千葉ロッテ一筋26年の現役生活を送った福浦選手が長い現役生活を通じて見せてくれた名場面の数々を、あらためて振り返っていきたい。その前編となるこの記事では、2010年までに生まれた印象的なシーンを紹介していきたい。

※後編(2011年以降)はこちら

プロ入り初のサヨナラ打(1997年7月15日)

 7月5日にプロ初出場で初安打を放ってからわずか10日後となる7月15日、当時21歳の若武者に大きな場面で打席が巡ってきた。同点の延長11回裏2死満塁。マウンドに立つ日本ハムの投手は、後に千葉ロッテで福浦選手と同僚になる黒木純司氏だった。試合を左右する場面で打席に立った福浦選手は黒木氏の投球を鮮やかにレフト前へとはじき返し、試合を決めるサヨナラ安打を記録した。

 直後に一塁ベースを回ったところで先輩たちから手荒い祝福を受け、笑顔でグラウンドに転がっていた福浦選手。後に球団最多記録となる12本のサヨナラ打を記録する「サヨナラ男」にとって、この試合がまさにその始まりを告げる一戦となった。この年、福浦選手は67試合の出場でプロ初本塁打を含む6本塁打、打率.289。持ち前の打撃センスの一端を示し、翌年以降のレギュラー定着へとつなげていく。

イチロー選手の渡米後最初のシーズンに首位打者を獲得(2001年10月2日)

 1994年から2000年まで7年連続でパ・リーグの首位打者に輝いたイチロー氏の米球界挑戦により、打率ランキングのトップを独占し続けていた天才打者が不在となった2001年のパ・リーグ。注目が集まったのは、どの選手が次なる首位打者の座に輝くのかだった。2000年に過去最高の打率.296という数字を残していた福浦選手は、2001年についにその才能を完全開花。自身初の打率.300というハードルを大きく飛び越し、新時代のリーディングヒッター争いに堂々と加わっていく。

 福浦選手は7月まで打率.340~.350の高打率をキープし続け、小笠原道大氏(当時日本ハム)や松中信彦氏(当時福岡ダイエー)と熾烈な首位打者争いを繰り広げる。だが、8月に月間打率.256と調子を崩し、8月末の時点で打率は.327に下降。この時点では、月間打率.407と絶好調で、打率を.341に上げた小笠原氏とは大きな差がついていた。しかし、福浦選手は9月の23試合で39安打、月間打率.411と猛チャージ。一気に小笠原選手を上回り、リーグトップに立った。

 奇しくも10月2日のシーズン最終戦は千葉ロッテと日本ハムの“直接対決”となったが、その時点で福浦選手の打率.345に対し、小笠原氏は打率.338と7厘の差がついていた。最終戦では福浦選手、小笠原氏がともに2安打ずつを放ってシーズンを締めくくり、福浦選手の首位打者が確定。21世紀最初の年、イチロー氏が抜けた後の最初のシーズンに栄冠を手にした福浦選手は、この年から6年連続で打率.300を記録。リーグ屈指の好打者としての地位を確立していった。