千葉の誇り・福浦和也。マリーンズ一筋26年、数々の名場面を振り返る(後編)

2019-09-23 08:30 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》マリーンズ・福浦の職人技 美しすぎる「片手打ち」まとめ

 9月23日、千葉ロッテ・福浦和也選手の引退セレモニーが開催される。地元・千葉県出身、千葉県の高校からマリーンズに入団して以降、一度も移籍を経験することなく野球人生を送ってきた、いわゆる再狭義のフランチャイズプレイヤーだ。球団史上最多の2234試合に出場し、生え抜きとしては球団3人目の2000本安打も達成。2005年と2010年の日本一にも主力として大きく貢献した、まさしく球団史に残る偉大な選手の一人だ。

 今回は、そんな福浦選手の功績をたたえて、千葉ロッテ一筋26年の現役生活を送った福浦選手が長い現役生活を通じて見せてくれた名場面の数々を、あらためて振り返っていきたい。2010年までの活躍を紹介した前編に引き続いて、今回の記事では2011年以降に生まれた名シーンを紹介していきたい。

※前編(2010年以前)はこちら

延長11回に球団最多、通算12本目のサヨナラ打(2014年9月9日)

マリーンズ・福浦 これぞ千葉の至宝!! 鮮やかなサヨナラヒット!! 2014/9/9 M-L

 シーズン終盤を迎え、敗戦すれば最下位に転落する可能性もある中で迎えた一戦。試合は千葉ロッテ・涌井秀章投手が8回無失点という素晴らしい投球を見せ、マリーンズが1点リードを保ったまま9回表に。しかし、守護神の西野勇士投手が当時ルーキーだった森友哉選手に逆転2ランを浴びるまさかの展開に。一転して追い詰められた9回裏、今度は今江敏晃選手が埼玉西武のクローザー・高橋朋己投手から起死回生の同点ソロを放ち、試合はそのまま延長戦に突入していく。

 そして迎えた11回裏、千葉ロッテは増田達至投手から1死1,2塁と一打サヨナラのチャンスを作る。ここで伊東勤監督は代打として、この時点で球団記録となる11度のサヨナラ打を記録していた福浦選手を送り込む。球団史上最高の“サヨナラ男”が放った打球は前進守備を敷いていた外野の頭上を鮮やかに越え、試合を決める適時二塁打に。チームの最下位転落の危機を救うとともに、サヨナラ打の球団最多記録も12回へと更新してみせた。

5年ぶりの1試合2本塁打(2015年4月9日)

《MUST SEE パ》ゴールデンイヤーの予感!! マリーンズ福浦が5年ぶりの1試合2発!!

 2003年には年間21本塁打を放ち、通算でも118本塁打を記録するなど、本塁打の出にくかった千葉マリンスタジアムを本拠地としながら全盛期にはパンチ力も発揮していた福浦選手。しかし、年齢を重ねるとともに長打力は減少していき、2012年から2014年までの3年間では本塁打を1本も記録できていなかった。だからこそ、2015年の開幕から間もない時期に見せた一戦での活躍は、長年福浦選手を追いかけてきたファンの印象にもとりわけ強く残るものとなった。

 4月9日の試合でシーズン初となるスタメン出場を果たした福浦選手は、2回にオリックスの先発・東明大貴投手から2011年5月8日以来となる本塁打を放つ。「ホームランは4年ぶりかぁ~。忘れかけていた感触。次はセンター前を狙っていきますよ」という談話を残したが、2点ビハインドで迎えた7回にも力強い引っ張りを見せ、ライトポールを直撃する同点2ランを記録。福浦選手にとって、1試合2本塁打は実に5年ぶりの出来事だった。

 この試合2度目のホームラン談話では「完璧? 少し詰まっているんですけど、詰まった分切れなかったのかな。今季初スタメンでこの結果はヤバイです。怖いですね。次はセンター前を狙っていきますよ」と、基本となるセンター返しの意識を繰り返し語っていた福浦選手。結果的にこの年記録した本塁打は2本のみだったが、シーズン打率.272、47安打と随所でベテランらしい活躍を見せた。通算安打も1,912本まで伸ばし、いよいよ2000本安打の大台がはっきりと視界に入ってくるシーズンとした。