あの名投手たちがズラリ。パ・リーグの5年連続2桁勝利達成者は?

2016-09-04 00:00 「パ・リーグ インサイト」松下雄馬

先日、ニューヨーク・ヤンキースで活躍する田中将大投手が自身9度目の2桁勝利を挙げた。プロ入り10年で日米通算9度の2桁勝利到達は過去にメジャーリーグでプレーした日本人投手たちも未達成。あの野茂英雄氏(プロ入り10年で8度)や現・広島の黒田博樹投手(プロ入り10年で5度)も成し遂げられなかった好記録であり、達成できたのはダルビッシュ有投手(テキサス・レンジャーズ)と田中投手のたったの2人だけである。

2桁勝利は先発投手にとっての一つの目標とも言える数字であるが、今季の両リーグの全支配下登録投手のうち、2桁勝利経験のある投手は全体の約16%。ただでさえ難しい2桁勝利の到達だが、中にはこれを複数年続けて達成する投手もいる。パ・リーグの過去20年の2桁勝利投手の中で、5年以上続けて達成した投手はどのくらい存在するのか調べてみた。

<過去20年の複数年連続2桁勝利投手>
※5年以上、パ・リーグでの記録のみ
西口文也【埼玉西武】7年連続
1996年(16勝)、97年(15勝)、98年(13勝)、99年(14勝)、00年(11勝)、01年(14勝)、02年(15勝)

黒木知宏【千葉ロッテ】5年連続
1997年(12勝)、98年(13勝)、99年(14勝)、00年(10勝)、01年(11勝)

清水直行【千葉ロッテ】5年連続
2002年(14勝)、03年(15勝)、04年(10勝)、05年(10勝)、06年(10勝)

和田毅【福岡ソフトバンク】5年連続
2003年(14勝)、04年(10勝)、05年(12勝)、06年(14勝)、07年(12勝)

ダルビッシュ有【北海道日本ハム、テキサス・レンジャース】9年連続
2006年(12勝)、07年(15勝)、08年(16勝)、09年(15勝)、10年(12勝)、11年(18勝)、12年(16勝)、13年(13勝)、14年(10勝)
※12年以降はMLBでの成績

涌井秀章【埼玉西武】5年連続
2006年(12勝)、07年(17勝)、08年(10勝)、09年(16勝)、10年(14勝)

田中将大【楽天】9年連続
2009年(15勝)、10年(11勝)、11年(19勝)、12年(10勝)、13年(24勝)、14年(13勝)、15年(12勝)、16年(11勝※9月4日現在)
※14年以降はMLBでの成績

攝津正【福岡ソフトバンク】5年連続
2011年(14勝)、12年(17勝)、13年(15勝)、14年(10勝)、15年(10勝)

※敬称略、当時の最後の在籍球団で表示

8選手のうち6選手が通算100勝以上を挙げており、残る黒木氏と攝津投手も76勝を挙げている。金村曉氏(当時北海道日本ハム)や斉藤和巳氏(当時福岡ソフトバンク)などが4年連続2桁勝利を記録しているが、惜しくも5年連続はならず。それほど5年連続2桁勝利はハードルが高いものだ。

また、これらの8選手は在籍期間中にいずれもチームが日本一となっている。2桁勝利を何年も続けて達成することによるチームへの貢献度は計り知れず。2桁勝利が毎年計算できる投手がいることで先発陣に軸ができ、首脳陣にとってチームを構成する上でこんなにもありがたい存在はないだろう。

今年はすでに楽天・則本投手が4年連続、千葉ロッテ・石川投手が3年連続2桁勝利を達成した。やはり先発投手たるもの、毎年のように安定して2桁勝利を達成してこそ箔がつく。シーズン終盤を迎え、順位争いも気になるところだが、新たな「複数年連続2桁勝利到達者」の誕生に期待し、選手個人の成績にも注視していきたい。