銀次が3試合連続タイムリー。楽天が埼玉西武に逆転勝利で4位と「1.5」差

2019-09-21 21:22 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/21 イーグルス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月21日、楽天生命パーク宮城で行われた得楽天と埼玉西武の第22回戦は、6対1で楽天が勝利。終盤に打線がつながり逆転勝利を収め、4位・千葉ロッテとのゲーム差を1.5とした。

 5月以来の一軍登板となった楽天先発の福井優也投手は、3回に3者連続三振を奪うなど、3回1安打無失点でショートスターターとしての役割を全う。4回表からは辛島航投手が登板し、6回まで3イニングを無安打に抑える投球を見せた。

 対する埼玉西武先発の今井達也投手は、毎回のように走者を背負いながらも、要所を締める投球で6回まで無失点に。両軍無得点のまま、7回の攻防へと突入した。

 埼玉西武は7回表、楽天3番手のブセニッツ投手を捉えた。外崎修汰選手、栗山巧選手の安打で1,3塁のチャンスを作ると、木村文紀選手がスクイズを決め、1点を先制。意表を突く攻撃で均衡を破った。

 追う楽天は8回裏、埼玉西武の2番手・平井克典投手の代わり端を逃さなかった。代打・藤田一也選手の2号ソロで同点に追い付くと、辰己涼介選手、茂木栄五郎選手の安打、浅村栄斗選手は申告敬遠で1死満塁に。この場面でブラッシュ選手の押し出し死球で勝ち越すと、代わった野田昇吾投手から銀次選手の適時打で3点目。

 4番手の國場翼投手からも押し出し四球、ウィーラー選手の犠飛、藤田一也選手の適時打でこの回一挙6得点を挙げ、逆転に成功。5点リードの9回表は青山浩二投手が無失点で締め、6対1で試合終了。

 勝利した楽天は、投手陣が1失点リレーでつなぐと、打線が埼玉西武のリリーフ陣を捉え、逆転勝利を飾った。敗れた埼玉西武は、先発した今井投手が7回5安打6奪三振無失点の好投も、2番手の平井投手が崩れた。なお平井投手は、パ・リーグ新記録となる79試合登板を達成した。