代打・メヒアが決勝打。埼玉西武楽天との接戦を制し連覇へマジック「2」

2019-09-23 16:18 「パ・リーグ インサイト」編集部

9/23 イーグルス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月23日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と埼玉西武の第24回戦は、5対3で埼玉西武が勝利。パ・リーグ連覇へのマジックを「2」とした。

 東北学院大学の先輩後輩関係にあたる、楽天・岸孝之投手、埼玉西武・本田圭佑投手の投げ合いで始まった試合。両投手ともに、序盤3イニングは相手打線を寄せつけない投球を見せた。

 均衡を破ったのは埼玉西武。4回表、1死から3番・森友哉選手が内野安打で出塁すると、続く中村剛也選手、外崎修汰選手が四球を選び、満塁に。ここで6番・山川穂高選手が2点タイムリーを放ち、5試合ぶりに打点をマーク。「チャンスでまわしてもらったので、初球から思いきりいこうと強い気持ちで打席に入りました。良かったです」と振り返った。

 援護を受けた埼玉西武の本田投手は、6回まで許した安打はわずかに2本。さらに四死球0と、素晴らしい投球を披露する。対する楽天の岸投手は、ピンチを招きながらも粘り強い投球で追加点を許さず、7回途中2失点の力投を見せた。

 このままでは終われない楽天打線は7回裏、反撃を開始する。1死から、3番・浅村栄斗選手がヒットを放つと、続く4番・ブラッシュ選手が強く振りぬいた打球はスタンドへ。33号2ランで試合を振り出しに戻す。この本塁打でブラッシュ選手は今季95打点目をマークし、A・ジョーンズ選手のシーズン94打点を、6年ぶりに上回った。

 しかし直後の8回表、楽天はブセニッツ投手を送り込むが、2死から3者連続で四球を与えてしまう。すると、代打・メヒア選手が3点タイムリーを放ち、埼玉西武が5対2と勝ち越し。最終9回裏は、増田達至投手が浅村選手に32号ソロを浴びたが、リードは譲らず、5対3で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発の本田圭佑投手が7回途中2失点と素晴らしい投球を見せた。また、打線ではメヒア選手が勝負強さを見せ、マジックを「2」とした。ただ、福岡ソフトバンクも勝利したためゲーム差は「1」と、一戦も落とせない状況は続く。

 敗れた楽天は、先発の岸投手が7回途中2失点と先発としての役割は果たしたものの、打線が援護できず。メヒア選手の勝ち越し打を浴びたブセニッツ投手も、四球のみで満塁としてしまうなど非常に悔しい結果となった。

文・後藤万結子