千葉ロッテ井口監督「力不足」 大敗でCS逃し4位確定「5割の壁に何度も跳ね返され…」

2019-09-24 22:38 「Full-Count」岩国誠
千葉ロッテ・井口監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテ・井口監督※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

連覇達成の埼玉西武に大敗で終戦、試合後のセレモニーで選手の「成長」にも触れる

■埼玉西武 12-4 千葉ロッテ(24日・ZOZOマリン)

 千葉ロッテは24日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた埼玉西武戦に4-12で大敗。楽天が福岡ソフトバンクに勝利したため、千葉ロッテのシーズン4位が確定した。井口資仁監督は試合後のセレモニーで「力不足です」と悔しさをにじませた。

 逆転CS進出へ向け、井口監督は二木を9月9日以来の先発マウンドに送った。その二木が2回1死から埼玉西武打線につかまり、打者6人に4安打2四死球で5失点KO。あとを受けた涌井も3回、山川に43号2ランを被弾するなど、序盤で7安打7失点と連覇を狙う獅子の牙に飲み込まれた。

 打線は3試合で2敗を喫していた埼玉西武先発・ニールから、3回に藤岡が右翼適時打。4回にもレアードの中前適時打で2点を返したが、なおも1死満塁の場面で9番・田村が三塁併殺打に終わった。

 7回には2死満塁から押し出し、捕逸と悪送球の間に走者3人に生還を許すなど、失点を重ねて大敗。3年連続シーズン負け越しで全日程が終了した。

 楽天が福岡ソフトバンクに勝利したため、シーズン4位が確定。3年ぶりのCS進出が消え、井口監督は試合後のセレモニーで「今シーズンは最後まで全員で戦い抜こうという目標の中、戦ってまいりました」としながら「今日の試合、力不足です」と振り返った。一方で「今年は5割の壁に何度も跳ね返され、その中で選手は一歩ずつ一歩ずつですが、成長してきたと思います」とも。来季こそ4年ぶりのAクラス入りを目指す。

(Full-Count編集部)