パ・リーグ王者の野球はやはり豪快? 逆転勝利と敗戦の数に見る各球団の傾向

2019-09-28 12:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

大混戦を制した!! ライオンズ・辻監督が2年連続で宙に舞う!! 2019/9/24 M-L

 先制を許した試合をひっくり返しての逆転勝利は、応援しているファンにとってもたまらないものだ。パ・リーグのレギュラーシーズンは埼玉西武のリーグ連覇というかたちで幕を閉じたが、逆転での勝利や敗戦が多かったチームはそれぞれどこだったのだろうか。

 そこで、今回の記事ではリーグ内での逆転勝利数、および逆転負けの数が多かったチームを調査。チームの総得点、総失点といった数字からもアプローチを図りながら、鮮やかな逆転劇をより多く見せたチームと、それとは逆に、手痛い逆転負けを喫しやすかったチームがどこだったのかについて見ていきたい。

リーグ最多の逆転勝利数を記録したチームは、やはりイメージ通り?

 今季のパ・リーグにおける逆転勝利数のチーム別ランキングは、以下の通りとなっている。

1位:埼玉西武…34勝
2位:楽天…33勝
3位:千葉ロッテ…31勝
4位:福岡ソフトバンク…28勝
5位:オリックス…23勝
6位:北海道日本ハム…22勝

 リーグ最多の逆転勝利数を記録したのは、ペナントレースを制した埼玉西武。やはり、強力打線による圧倒的な得点力が作用している可能性は高そうだ。僅差の2位には新加入の浅村栄斗選手とブラッシュ選手が活躍した楽天が入り、ホームランラグーンの設置で本塁打が激増した千葉ロッテが3位となった。

 一方、最終盤まで埼玉西武とリーグ優勝を争った福岡ソフトバンクは、逆転勝利の数ではリーグ4位という結果に。リーグ順位、得点数ともにリーグ5位の北海道日本ハム、それぞれ6位のオリックスはやはり逆転勝利数も少なく、苦しい戦いを強いられた両チームの今季を象徴する数字の一つとなってしまっている。

 続けて、チームの全勝利数のうち、逆転勝利がどの程度の割合を占めているのかを計算した結果を紹介していきたい。

1位:埼玉西武 34/80…42.50%
2位:楽天 33/70…47.14%
3位:千葉ロッテ 31/69…44.93%
4位:オリックス 23/59…38.98%
5位:福岡ソフトバンク 28/76…36.84%
6位:北海道日本ハム 22/64…34.38%

 最も高くなったのは楽天で、2位が千葉ロッテ。それぞれ昨季はシーズン順位が最下位、5位と低迷していたが、得点力の向上でひっくり返せる試合が増えたことが、成績の向上とAクラス争いにもつながったと言えるか。逆に、昨季は3位に入っていた北海道日本ハムは逆転勝利の割合がリーグ最下位とかなり少なくなっており、逆転勝利の数、および割合は、チーム成績ともある程度シンクロしている。

 そんななかで、リーグ2位の福岡ソフトバンクは逆転勝利の割合ではリーグ5位と、逆転勝利数(4位)からさらに順位を下げてしまっている。裏を返せば投手力を活かした先行逃げ切りの形が確立されていたとも言えそうだが、優勝争いは最後まで熾烈を極めただけに、終盤に試合をひっくり返す展開が少なかったのは痛かったか。

豪快な試合が持ち味のリーグ王者

 次に、今季のパ・リーグにおける逆転負け数のチーム別ランキングを見ていきたい。

1位:埼玉西武…36敗
2位:オリックス…32敗
3位:千葉ロッテ…30敗
4位:楽天…25敗
5位:福岡ソフトバンク…24敗
6位:北海道日本ハム…22敗

 逆転勝ち数がリーグ最多だった埼玉西武は、逆転負けの数でも同じくリーグ最多に。チーム防御率はリーグ最下位と投手陣は今季も安定感を欠き、特に前半戦は平井克典投手と増田達至投手に負担が集中。後半戦には平良海馬投手の台頭と小川龍也投手の復調もあって持ち直したが、シーズントータルで痛い逆転負けが多かったのは確かだった。

 オリックスはリリーフ防御率4.31とリーグ唯一の4点台で、こちらも試合終盤の締めくくりに苦慮していた。千葉ロッテはリリーフ防御率3.66とそこまで悪くはなかったが、8回を任せるセットアッパーが最後まで定まらず。逆転負け数の多さが、リーグトップのリリーフ防御率3.08を記録した楽天とのAクラス争いでも明暗を分けるかたちとなった。

 福岡ソフトバンクはリリーフ防御率3.28と故障者が続出する中でもブルペンを安定させており、逆転負けの数はリーグで2番目に少なかった。北海道日本ハムもリリーフ防御率3.52とまずまずで、逆転負けはリーグ最少。苦戦を強いられたシーズンにあって、投手陣は意地を見せている。

 勝利数の項と同様に、逆転負けがチームの全敗戦数の中でどの程度の割合を占めているのかについても紹介する。

1位:埼玉西武 36/61…59.02%
2位:オリックス 32/74…43.24%
3位:千葉ロッテ 30/70…42.86%
4位:福岡ソフトバンク 24/61…39.34%
5位:楽天 25/68…36.76%
6位:北海道日本ハム 22/72…30.56%

 埼玉西武は全敗戦の6割近くが逆転負けとなっており、チームとしての傾向が端的に表れている。オリックスと千葉ロッテも4割以上となっているが、福岡ソフトバンクも全体の負け数が少ないこともあって4割近い数字に。とりわけ夏場は酷暑もあってか各球団のリリーフ陣が不安定になる場面があり、各チームともに手痛い逆転負けを喫するケースは少なからず存在した。

 そんな中で、やはり北海道日本ハムの数値の少なさは目を引くところ。今季は得点力不足に悩まされたこともあり、そもそも先制できたケースが多くなかったという見方もできるかもしれないが、厳しいコンディションの中でもリードした試合の多くを勝ちに結びつけるという、投手陣の踏ん張りが見て取れる結果となった。