オリックスが成瀬、岩本、高城、塚原、宮崎、青山の6選手に戦力外通告

2019-10-02 10:55 「Full-Count」編集部
戦力外通告を受けたオリックス・高城俊人※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

戦力外通告を受けたオリックス・高城俊人※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

成瀬は通算255試合に登板し96勝78敗、防御率3.43

 オリックスは2日、成瀬善久投手、青山大紀投手、岩本輝投手、塚原頌平投手、高城俊人捕手、宮崎祐樹外野手の6選手に来季の選手契約を行わない旨を通告したことを発表した。

 成瀬は昨年オフに東京ヤクルトを戦力外となり、今春キャンプで入団テストを受けオリックスに移籍。開幕直前に右太腿裏を痛め5月4日の福岡ソフトバンク戦で移籍後初登板を果たした。だが、白星を手にすることはできず6試合に登板し0勝1敗、防御率7.32でシーズンを終えていた。通算255試合に登板し96勝78敗、防御率3.43。

 岩本は2010年にドラフト4位で阪神に入団。16年オフに自由契約となり17年にBCリーグ福井に移籍し結果を残し18年途中からオリックスに加入していた。

(Full-Count編集部)