北海道日本ハム・近藤選手が「技あり」の勝ち越し打!

2018-03-25 15:53 「パ・リーグ インサイト」編集部

3月25日、札幌ドームで行われている北海道日本ハムと東京ヤクルトのオープン戦。1対1の同点で迎えた6回裏、2死1,2塁の好機で打席に立った3番・近藤選手の「技ありの一打」で、北海道日本ハムが勝ち越しに成功した。

直前で交代した東京ヤクルトの中澤投手の2球目を捉えた。両チーム好機を作りながらも得点につながらない厳しい状況が続いていたが、「幻の4割」に最も近い男のバットが均衡を破った。

公式戦前最後のオープン戦。昨季は故障に見舞われたが、昨季前半に見せた圧倒的なバットコントロールは健在。今季は1年を通しての活躍に期待が高まる。

なお、試合はアルシア選手の一発もあり、3対1と北海道日本ハムがリードしている。