マルチアングル機能が選手のプレーを深化させる! 「パ・リーグTV」が今季より導入するオリジナルサービスを発表

2018-03-25 18:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

「豪快なホームランが飛び出した!」

バットとボールのインパクトの瞬間は? 打たれた投手の表情は? 走者の反応は?

「センターがフェンス際ぎりぎりで打球をキャッチ!」

野手の打球の追い方は? フェンスまでの距離感は?

こうした疑問に「パ・リーグTV」の新機能が応える。より多くの視点からプロ野球の視聴を可能にするのが、3月30日の開幕戦から実施されるマルチアングル機能の独自サービスだ。対象は、札幌ドーム、ZOZOマリンスタジアム、ヤフオクドームの3球場で行われる試合となる。

マルチアングル機能の楽しみ方は簡単だ。従来のライブ画面の上部に表示される「1LIVE+マルチ」をクリックすると、右側にプレーVODと説明文が現れる。多角度で観たいプレーを指定して、その下の「MULTI ANGLE VOD」に現れるカメラアイコンを選択すれば、指定した位置からの視点でプレーが再生される。

プレーVODはライブ配信中から順次、公開される予定だ。そのため、球場の座席からは遠くて見えなかったプレーを確認する際に重宝する。また、角度が変われば、見えなかったものが見えてくることもあるのではないだろうか。

白熱する試合を彩る一投一打や美技の余韻に浸る中、あらゆる視点から目を凝らせば、細部におけるプロのこだわりが発見できそうだ。“ミスター・マルチアングル”を探すのも、乙な楽しみ方かもしれない。