鷹・工藤采配ズバズバ! 内川へ代打・長谷川勇は「後悔しないように思い切って」

2019-10-09 22:25 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

その長谷川勇が同点打、直後の捕逸で代走起用していた周東が生還

■福岡ソフトバンク 8-4 埼玉西武(CS・9日・メットライフ)

 福岡ソフトバンクが大きな1勝をあげた。9日、敵地メットライフドームでの埼玉西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第1戦。終盤まではリードを奪われる展開だったが、8回に工藤公康監督の采配が的中し、代打・長谷川勇の適時打で追いつくと、捕逸で決勝点を奪って逆転勝ちした。

 初回、この日2試合ぶりに先発に復帰させ、5番で起用した松田宣が右中間を破る適時二塁打を放って2点を先制した。3回に逆転され、6回にリードを広げられたが、ドラマは8回に待っていた。

 1死から柳田の内野安打、デスパイネの中前安打で1死一、三塁のチャンスを作った。松田宣が空振り三振に倒れると、工藤監督が思い切った決断に出た。短期決戦にめっぽう強い“CS男”の内川に代えて、代打・長谷川勇を送ったのだ。アッと驚く采配だったが、これに応えるように長谷川勇が左前にポトリと落ちる適時打を放ち、同点に追いついた。

 この一打で、デスパイネの代走として起用されていた周東が一気に三塁へと進塁。つづくグラシアルへの初球のスライダーを捕手の森が弾いたのを見ると、周東が一気に本塁へと生還した。指揮官の選手起用がズバズバと的中し、試合をひっくり返した。

 劇的な逆転勝ちを収めた工藤監督は、内川に代えて代打・長谷川勇を起用した場面について「ちょっと今日はタイミングが合ってない感じがした。本当に苦しい決断でしたけど、後悔しないように思い切ったことをさせていただきました」と振り返り、ここぞの場面で値千金の一打をはなった長谷川勇を「追い込まれながらも左前に落とすいいバッティングをしてくれた」と称賛した。

 この勝利でアドバンテージを含めて1勝1敗のタイになった。「負けられない、勝たないといけない戦いが続く。これからも決断はしていきたい。これでタイになっただけ。切り替えて、また明日からということです」と工藤監督。パ・リーグのCSファイナルステージは初戦に勝ったチームが12年で11回、日本シリーズに進出している。突破率91.6%。福岡ソフトバンクにとって大きな1勝となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)