楽天、三木肇2軍監督の1軍監督就任を発表 「身が引き締まる思いです」

2019-10-11 13:11 「Full-Count」編集部
2020年シーズンから1軍監督に就任する三木肇2軍監督※写真提供:Full-Count(写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス)

2020年シーズンから1軍監督に就任する三木肇2軍監督※写真提供:Full-Count(写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス)

今季、2軍監督を務めていた三木肇監督が1軍監督に昇格

 楽天は11日、平石洋介1軍監督へ2019シーズンの一軍監督契約満了に伴い、2020シーズンの1軍監督契約を行わない旨を伝え、三木肇2軍監督が2020年シーズンから1軍監督に就任することを発表した。

 三木2軍監督は2008年に現役を引退すると、その後は北海道日本ハム、東京ヤクルト、楽天で1軍内野守備、1軍ヘッドコーチ、2軍監督などを務めていた。

 三木監督は球団を通じ「監督就任のお話をいただき、身が引き締まる思いです。今シーズン、ファームで指揮を執らせていただき、東北のファンの皆さんの熱い声援、イーグルスへの熱い思いを感じることができました。その東北のファンの皆さんとともに、来シーズンこそは『日本一の東北へ』を実現できるよう、チーム一丸、勝ちにこだわって戦ってまいります」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)