北海道日本ハム杉谷が残留を報告 「最終兵器と言われ続けた11年…」今季国内FA権を取得

2019-10-11 18:37 「Full-Count」編集部
北海道日本ハム・杉谷拳士※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

北海道日本ハム・杉谷拳士※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

11日に自身のインスタグラムを更新 今季途中に国内FA権を取得

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した北海道日本ハムの杉谷拳士内野手が11日、自身のインスタグラムを更新。来季も北海道日本ハムに残留する意向であることを明かした。

 北海道日本ハムのロゴを前にマスコットキャラクター、フレップのぬいぐるみを抱えた姿を投稿した杉谷は「まずはじめに来年以降もファイターズのユニホームを着てプレーさせていただけることに感謝の気持ちでいっぱいです」と球団への残留をファンに報告。「一方でプロ野球選手である以上、成績を残さないとプレーは続けられないという気持ちも強くあります」とその喜びだけでなく、責任も感じたようだ。

 そんな杉谷は「最終兵器と言われ続けた11年。。自分のポテンシャルの高さに戸惑い、眠れずいた日々とはもうおさらば 笑  存分に個性を出してプレーしていきたいと思います!!」と高らかに宣言。「たくさんの人たちに支えられてここまで来ました!!これからも支えられていく気マンマンです」と来季に向けて気合十分の様子だ。

 その気合は早くも体作りに向かったらしく、「よ~し トレーニングだぁ!! ゴールドジムへ」と書いたものの「……まさかの休館日。。」と“杉谷節”を発揮。最後は「台風が接近してますので皆さん気をつけてくださいね!! Have a good weekend!」とファン思いな杉谷らしく締めくくった。