埼玉西武ニール、4戦4勝&防御率0.66で初の月間MVP「光栄」 27回1/3で与四球0

2019-10-15 13:02 「Full-Count」編集部
9月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した埼玉西武のザック・ニール※写真提供:Full-Count(写真:安藤かなみ)

9月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞した埼玉西武のザック・ニール※写真提供:Full-Count(写真:安藤かなみ)

個人賞受賞は米国時代も含めて初「温めておいたよ」

 埼玉西武のザック・ニール投手が9月度の「大樹生命月間MVP賞」に輝いた。ニールは受賞会見で「パ・リーグにはいい投手が多い中で受賞できて嬉しいし、光栄だよ。自分がMVPを取れたということはチームが勝てたということだし、それも含めてよかった」と喜びを語った。

 ニールは9月4試合に先発して4勝を挙げ、月間防御率は0.66。先発陣の柱としてシーズン終盤も安定した投球を披露した。27回1/3を投げ、与四球0という驚異的な数字を残したニールは「100%以上の力を出そうとするのではなく、自分の100%で最大限できることを出したことがいい方向に向いてくれた」と好投の秘訣を明かし、「ストライク先行で積極的に攻めることができたし、後ろの野手がいいフィールディングで守ってくれたことが助けになりました」と好守で盛り上げた野手陣に感謝した。

 個人賞を受賞するのはアメリカでプレーしていた経歴も含めてプロ入り初だというニール。「(この時のために)温めておいたよ」とジョークで報道陣を笑わせていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)