日本シリーズ初戦は千賀滉大と山口俊の先発で開幕。鷹は本拠地で先勝なるか

2019-10-18 19:49 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》H千賀滉大『ストレート・カット・フォーク』すべて極上の切れ味!!(C)パーソル パ・リーグTV

 10月19日、ヤフオクドームで福岡ソフトバンクと巨人の「SMBC日本シリーズ2019」の第1回戦がヤフオクドームで行われる。日本シリーズ3連覇を目指す福岡ソフトバンクと、セ・リーグ王者の巨人は大舞台でどのような試合を展開するだろうか。

【今季交流戦対戦成績】
福岡ソフトバンク→2勝1敗 巨人→1勝2敗

【福岡ソフトバンク】千賀滉大投手 26試合13勝8敗 180.1回 227奪三振、防御率2.79
【巨人】山口俊投手 26試合15勝4敗 170回 188奪三振、防御率2.91

 福岡ソフトバンクの先発は千賀滉大投手。「パーソル CS パ」ファイナルステージでは第3戦に先発し、8回10奪三振無失点の好投でチームを勝利に導いた。今季の交流戦で6回2失点と力投した巨人相手に、再びの好投を見せエースの役割を果たしたい。

 打線では今宮健太選手に焦点を当てたい。「パーソル CS パ」ファイナルステージ第4戦では、CS最多記録となる1試合3本塁打、タイ記録となる5安打、6打点の大暴れ。シリーズを通して19打数10安打、3本塁打、7打点、打率.526の好成績を残し、クライマックスシリーズのMVPに輝いた。ポストシーズンで状態を挙げた巧打者の打席に期待したい。