ソロ、2ラン、3ラン、満塁……パ・リーグの「走者別本塁打王」ランキング

2019-10-22 12:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》L山川 純度100%のスラッガー『パ主催の全弾』まとめ

今季のホームラン王は山川穂高選手だが、部門別では?

 パ・リーグの本塁打ランキングでは山川穂高選手が43本塁打を記録し、見事に2年連続となる本塁打王に輝いた。山川選手が2シーズン続けてキングの座に君臨する結果となったが、仮に本塁打を「ソロ、2ラン、3ラン、満塁」と細分化し、それぞれのランキングを作成した場合には、リーグ内の順位はどのようなものとなってくるだろうか。

 そこで、今回は今季のパ・リーグにおける、「ソロ、2ラン、3ラン、満塁」の各状況での本塁打数が多い選手から順にランキングを作成。その顔ぶれを確認していくとともに、個々の数字から見えてくるものについて考察していきたい。

走者なし

《THE FEATURE PLAYER》L山川 唯一無二の破壊力…『どすこい弾』10発まとめ

1位:23本
山川穂高選手(埼玉西武)
2位: 22本
松田宣浩選手(福岡ソフトバンク)
3位:21本
デスパイネ選手(福岡ソフトバンク)
4位タイ:18本
中村剛也選手(埼玉西武)
秋山翔吾選手(埼玉西武)
レアード選手(千葉ロッテ)
グラシアル選手(福岡ソフトバンク)
8位:17本
浅村栄斗選手(楽天)
9位タイ:15本
外崎修汰選手(埼玉西武)
吉田正尚選手(オリックス)

 パ・リーグ本塁打王の山川選手が、ソロ本塁打でもリーグ最多の数字を記録。43本中23本と、ソロ本塁打が全体の半数以上を占めている計算だ。走者がいない場面でも一振りでチームに得点をもたらせる怖さを持っているのは、長距離砲ならではの強みと言えるだろう。

 2位以下にも、各チームの主砲たちが多く名を連ねている。投手にとっては本塁打を浴びても複数失点とはならない走者なしの場面で、きっちりと甘い球を捉えられるかが、トータルの本塁打数を積み上げていくためのカギともいえそうだ。そういった点では、9位タイに入っただけでなく、今季通算でも26本塁打とキャリアハイを更新した外崎選手も長距離砲に必要な要素を示しており、パワーヒッターとして開花しつつあると形容できるかもしれない。

 大砲たちがランキングの大半を占める中、5本の先頭打者弾を含む18本のソロ本塁打を放っている秋山選手はやや趣が異なるか。今季記録している本塁打は20本であり、走者がいる場面で飛び出したホームランは2本のみ。実に全本塁打の90%がソロ本塁打という極端な割合となっており、適正としてもリードオフマンという役割に合致していると言えそうだ。

2ラン

《Best Scene Selection》マルチアングル 『どすこいチャレンジ60』でいくつ入るかな!?

1位:15本
山川穂高選手(埼玉西武)
2位:13本
吉田正尚選手(オリックス)
3位タイ:12本
浅村栄斗選手(楽天)
ブラッシュ選手(楽天)
5位:11本
中田翔選手(北海道日本ハム)
6位:10本
デスパイネ選手(福岡ソフトバンク)
7位:9本
レアード選手(千葉ロッテ)
8位タイ:8本
大田泰示選手(北海道日本ハム)
森友哉選手(埼玉西武)
井上晴哉選手(千葉ロッテ)

 この部門でも山川選手がトップに立ち、ソロに続く“2冠王”に輝いている。43本中15本と全体の1/3以上が2ランとなる計算で、先述のソロと合わせると全体の88.4%にも及ぶ。塁上の走者が少ない状況であっても得点に結び付けてくれる山川選手の存在が、埼玉西武打線がリーグトップの得点数を叩き出している理由の一つでもあるだろう。

 吉田正選手はソロ本塁打のランキングでは15本で9位タイだったが、それとほぼ同じ13本の2ランを放ってリーグ全体でも単独2位に。得点数がリーグ最下位とチーム全体の打撃成績が振るわなかった中で、走者が1人しかいない状況からでも本塁打だけで26得点をチームにもたらし、3番打者としての役割を果たしてきたことがわかる。

 ソロ本塁打のランキングに入っていた選手がこの部門にも同様に名を連ねているケースも少なくはなく、それぞれホームランバッターとしての能力の高さを示している。そんな中で、ソロでは11本とランキング圏外だった中田選手が2ランでは5位に。ソロと2ランの本数がまったく同じという珍しい結果を残しており、チーム本塁打数がリーグ唯一の2桁台とパワー不足が否めなかったファイターズ打線の中で気を吐いた。

 中田選手と同様に、森選手と大田選手もソロ本塁打のランキングからは漏れたものの、2ランではトップ10入りを果たしている。両者ともに8本記録した2ランのうち5本が先制・勝ち越し・逆転といった殊勲打となっており、重要な局面を迎えた際にその打棒はより鋭さを増していたようだ。