福岡ソフトバンク7得点快勝! 千賀滉大7回1失点の力投でスタート奪sh成功!

2019-10-19 21:30 「パ・リーグ インサイト」編集部
7回1失点好投を見せた千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV

7回1失点好投を見せた千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月19日、ヤフオクドームで福岡ソフトバンクと巨人の「SMBC日本シリーズ2019」の第1回戦が行われた。セ・リーグ覇者の巨人と3連覇を狙う福岡ソフトバンクとの初戦は、福岡ソフトバンクが7対2で快勝。終盤の攻防を制し、先勝した。

 「SMBC日本シリーズ2019」は、福岡ソフトバンク先発・千賀滉大投手の159キロの直球で幕を開けた。立ち上がりは、巨人打線を全く寄せ付けず3者凡退に封じ込める。しかし、2回表に阿部慎之助選手のソロアーチで先制を許し、追う展開に。

 反撃は2回裏。巨人先発の山口俊投手から5番・中村晃選手が二塁打で出塁すると、続くグラシアル選手が逆転2ラン。直球を捉えた打球はホームランテラスへ飛び込み、2対1とリードを奪った。

 3回以降は膠着状態だったが、追加点を奪ったのは福岡ソフトバンク。6回裏、ヒットと四死球で1死満塁のチャンスを作ると、中村晃選手がきっちりとセンターへの犠飛を放つ。3塁ランナーが生還し、3対1。千賀投手は7回表2死から、連打で2,3塁とこの日最大のピンチを迎えるが、ツーボールから変化球でカウントを整えると、最後は低めの変化球で見逃し三振。一打同点の場面も気迫の投球で抑え込み、ガッツポーズを見せた。
 
 ピンチを脱した福岡ソフトバンクは、7回裏に猛攻を見せる。1死2,3塁から牧原大成選手が2点タイムリー。続く打者もヒットで出塁すると、柳田悠岐選手にもタイムリーが飛び出す。さらに内野ゴロの間に走者が生還し、この回4得点目。7対1と大きくリードを広げる。

 福岡ソフトバンクは8回から継投策へ。8回表は甲斐野央投手がランナーを出すも無失点に抑える。9回表は森唯斗投手がソロアーチを浴びるも、後続を断ち切り7対2で試合終了。終盤の攻防を制した福岡ソフトバンクが快勝。本拠地で貴重な1勝目を挙げるとともに、ポストシーズンの連勝を7にまで伸ばした。

文・小川和弥