選手として伝える最後の言葉。映像とともに振り返る、13人の引退セレモニー

2019-10-30 15:58 「パ・リーグ インサイト」望月遼太
「パーソル パ・リーグTV」では、10月30日から過去の引退試合やセレモニーの様子を、1試合丸々配信予定

「パーソル パ・リーグTV」では、10月30日から過去の引退試合やセレモニーの様子を、1試合丸々配信予定

 レギュラーシーズンが終了し、今季も多くの選手が球界を去った。その中でも、現役生活の最後に、引退セレモニーというかたちでファンの前にその勇姿を見せられる選手はほんの一握り。そして、応援してくれたファンや、支えてくれた球団関係者や家族たちに対して感謝の言葉を述べる引退スピーチは、往々にして見る者の胸を打つものだ。

 今回は、2018年と2019年に開催された各選手の引退セレモニーの中から、各選手の引退スピーチについて紹介。プロ野球選手という立場でファンに伝える最後の言葉を、動画と共に振り返っていきたい。(括弧内の所属は引退当時)

石井裕也氏(北海道日本ハム)

【試合後】ファイターズ・石井裕 「14年間ずっと幸せでした」 2018/9/30

 石井氏は先天性難聴を抱えながらプロ野球の舞台で3球団を渡り歩き、優秀な左のリリーフとして14年間にわたって投げ続けた。引退スピーチでは様々な人々の応援や支えに感謝し、プロ野球人生を「僕にとって、かけがえのない時間でした」と形容して、支えてくれた周囲の人々に感謝した。2012年の日本シリーズで打たれ、敗戦投手になった後も大きな声援と拍手で迎えてくれたファイターズファンは「心が折れそうになった僕を救ってくれました」と語り、あらためてこれまでの応援に謝意を伝えた。

 石井氏は、常にサポートしてくれた家族に対する感謝の気持ちも伝えた。「難聴というハンデを持って生まれてきた僕を、周りの子と同じように育ててくれて、たくさんの愛情を注いでくれて、一番のファンでいてくれたお母さん、ありがとう」。“サイレントK”の異名を取ったサウスポーが自分の言葉で紡いだ実直なスピーチは、栗山監督や何人ものチームメイトたちも目に涙を浮かべるほどに聴衆の心に響く、感動的なものとなった。

矢野謙次氏(北海道日本ハム)

【試合後】ファイターズ・矢野 「最後に魂こめて…ファイターズ最高!!」 2018/10/10

 12年半にわたって在籍した巨人時代は、代打の切り札や外野のスーパーサブとして活躍。2015年6月に北海道日本ハムに移籍してきてからは打率こそ振るわなかったが、主に代打として重要な局面でたびたび印象的な働きを見せた。スピーチは「16年間、一度もレギュラーを取ったことがなく、生え抜き選手でもない私に、これだけの晴れ舞台を用意してくださったことに、心から感謝いたします」と、周囲への感謝から始まった。

 国学院大学時代の恩師・竹田利秋監督に感謝の言葉を述べる段では感極まり、涙を流しながら脱帽して頭を下げた。ファンに対してはクライマックスシリーズに向かう一軍の選手たちへの後押しだけでなく、宮崎のフェニックスリーグで鍛錬に励むファームの選手たちへの応援も依頼。矢野氏は「最後に、魂こめて、叫ばせていただきます。ファイターズ最高!!」と、お立ち台での決め台詞を口にして、現役生活に別れを告げた。

小谷野栄一氏(オリックス)

【試合後】バファローズ・小谷野 「みなさんのおかげですっきり出来ました」 2018/10/5

 小谷野氏は北海道日本ハム時代に発症したパニック障害にも負けず、打点王、ベストナイン、3度のゴールデングラブ賞と、三塁手のレギュラーとして数々のタイトルを手にした。ファイターズの二軍監督時代に、パニック障害で練習すらままならなかった小谷野選手に親身になって接し、立ち直るきっかけを作った福良淳一監督(当時)は、小谷野氏が現役最終打席を迎えた時点で既に涙をこらえきれない状態だった。

 小谷野氏は「まさかこんな僕が16年間も野球を続けることができるとは本当に思いませんでした」と話し、「恩師である福良さんと同じタイミングでユニフォームを脱げるという、選手としてはこんなに嬉しいことはないと思っています」とした。そして、翌日に迫っていた、対戦相手の福岡ソフトバンク・本多雄一氏の引退試合を「最高な試合にしてあげてください」と語る粋な計らいも。スピーチ終了後に福良監督から花束を渡されると、小谷野氏は頭を下げながら号泣。退任する指揮官の目にも、師弟の絆を感じさせる涙が光っていた。

本多雄一氏(福岡ソフトバンク)

【試合後】ホークス・本多 「声援がいつも背中を押してくれました」 2018/10/6

 本多氏は2010年から2年連続で盗塁王に輝くなど、福岡ソフトバンクの上位打線を担う存在として活躍。生え抜きとして13年間プレーした。まず、王貞治氏、秋山幸二氏、工藤公康氏という、師事してきた3人の監督に感謝の言葉を述べると、苦楽を共にしたチームメイトと共に歓喜を味わえたことは「僕の財産になりました」と語り、「チーム一丸となって戦うホークスは、とてもすばらしいものでした」と、仲間たちに感謝の言葉を述べて頭を下げた。

 応援団やファンの方々に対しても、「『走れ、走れ、本多』コールは、いつも、背中を押してくれました」と感謝の言葉を述べて一礼。支えてくれた妻への言葉を述べる際には大粒の涙を流し、スピーチ終了後にはスタンドの様々な方向へあらためて頭を下げた。実直さがうかがえるスピーチを終えた後に、同期入団の松田宣浩選手が花束を渡しに来た時には、お互いに涙を浮かべて別れを惜しんだ。