【eBASEBALL】目指すは「V奪Sh!」。チーム紹介・福岡ソフトバンク編

2019-11-02 15:14 「パ・リーグ インサイト」編集部
加賀谷選手(左下)、三好選手(右下)、平山選手(左上)、大石選手(右上)

加賀谷選手(左下)、三好選手(右下)、平山選手(左上)、大石選手(右上)

惜しくも日本シリーズ進出を逃した昨季。「自分たちが楽しむ」プレーで「V奪Sh!」へ

 昨季は7勝8敗で、首位の埼玉西武と6ゲーム差の2位に終わった福岡ソフトバンク。リーグ戦では悔しい結果に終わったが、CSに当たる「eリーグ代表決定戦」ファーストステージでは、3位の北海道日本ハムを8対4で下し、ファイナルステージに駒を進め、リーグ王者の埼玉西武と熱戦を繰り広げた。結果的には2対2の引分で終わり、惜しくも「SMBC e日本シリーズ 2018-19」出場はならなかったが、今季につながる健闘を見せたことは間違いない。

 今季は、パ・リーグ2位の防御率2.17、同1位のナイスピッチ率73.3%をマークした加賀谷颯太(ケーバック)選手、昨季のリベンジに燃える三好航太郎(さんらいく)選手の2選手と契約を継続。eドラフト会議では、東京ヤクルトと競合の末、オン・オフ予選無敗を記録した平山大輝(ひらD)選手を獲得。また、鷹の起爆剤として期待される大石直弥(ナオピー)選手を新たに迎え、「V奪Sh!」を目指す。

 そんな福岡ソフトバンクがイメージするのは「攻守ともに隙が無い野球」。現実の福岡ソフトバンクと同様の厚い選手層を武器に、丁寧な野球で日本一を狙う。また、チーム方針の「自分たちが楽しむ」ことを念頭に、表現豊かなプレーで試合を楽しみ、観客を魅了する。

キーマンはやはりあの男。レジェンドOB選手は平成の三冠王、往年の大エースに着目

「パワプロ」では、選手一人一人に能力が存在。ゲームならではの特殊能力をどう生かすかもポイントになってくる。そこで、福岡ソフトバンクのキーマンになる選手、今季から使用可能となったレジェンドOB選手の中から起用したい選手を挙げてもらった。

 投手のキーマンに挙がったのは、エース・千賀滉大投手、ベテラン左腕・和田毅投手、セットアッパー・モイネロ投手。加賀谷選手、平山選手が名前を挙げたモイネロ投手は、「ノビA」や「緩急〇」といった特殊能力を持っており、現実でも8回の男としてフル回転。大石選手は高い能力値を誇る千賀滉大投手を、三好選手は「個人的に大好き」という理由で、和田毅投手の名前を挙げた。

 野手では柳田悠岐選手と福田秀平選手がキーマンに挙がった。三好選手が「重要なところで必ず出る」と語った福田選手は、「代打〇」の特殊能力を持っており、代打の切り札として期待を寄せた。他の3選手が選んだ柳田選手は、圧倒的な能力値に加え、多くの特殊能力を持っているだけに、現実さながらの豪快なバッティングが見られそうだ。

 レジェンドOB選手では、平成の三冠王・松中信彦選手、往年の大エース・斉藤和巳投手の名前が挙がった。松中選手は12球団のレジェンドOBの中でもトップクラスの能力を誇り、鷹打線にさらなる厚みを与えてくれるだろう。三好選手が「子どもの頃のスター」と語った斉藤投手は、先発投手として計算できる存在だ。

福岡ソフトバンクホークス代表選手

【加賀谷颯太選手(ケーバック)】キャプテン/#6/2018年ドラフト2位
 昨季はパ・リーグ2位の防御率2.17、同1位のナイスピッチ率73.3%をマークするなど、丁寧な投球術を武器に4勝1敗と健闘。キャプテンとして、リーグ優勝、日本一を目指すチームをけん引する。

 好きなプロ野球選手は、「高校野球で投手をやっている姿を見て感動した」という今宮健太選手。自身のアピールポイントを「攻守どちらもハイレベルなプレー」と語り、好きな特殊能力である「勝ち運」を味方につけ、「打撃タイトル獲得」を目標にシーズンに臨む。

 対戦したい選手には「同い年であり、最強選手の一人」と、楽天の井上将旭(MASA)選手を指名。「昨年惜しくもリーグ2位で終わってしまったので、今年こそ日本一を “奪Sh!” します!」と決意を新たにした。

【三好航太郎(さんらいく)選手】#3/2018年ドラフト1位
 昨季は打率.202、防御率5.52で1勝4敗と課題の残る結果に終わった三好選手。リベンジを期す今季は、ポテンシャルを存分に発揮できるか。

 好きなプロ野球選手には、斉藤和巳氏と松中信彦氏を挙げた。レジェンドOB選手として参戦する思い入れのある名選手をどのように起用するか。打つ直前に強振からミートに切り替える「切り替え打ち」に注目してほしいと語った三好選手は、「最低でも4勝1敗」を目標に掲げた。好きな特殊能力である「球持ち」「広角打法」を巧みに操り、目標に向けて白星を積み重ねる。

 対戦したい選手には、弟子である千葉ロッテの柳虎士郎(ゆさ)選手の名前を挙げた。師弟対決が実現するかにも注目だ。「チームメイト全員と協力して日本一を「奪Sh!」します」と意気込みを語った三好選手は、復活を果たしてホークス浮上の原動力となれるか。

【平山大輝(ひらD)選手】#10/2019年ドラフト1位
 オン・オフ予選無敗の強烈な看板を引っ提げ、鷹に入団。早くもMVP候補とうたわれている平山選手。「eBASEBALL プロリーグ」の舞台で強烈なインパクトを残せるだろうか。

 好きなプロ野球選手には「ホームランがかっこいい」と、キーマンである柳田選手の名前を挙げ、目標には「MVP」「打撃三冠」を力強く掲げた。「最低でも全勝してチームの日本一に貢献できるようにがんばります」と意気込みを語った平山選手は、柳田選手と同様に「チームの顔」となれるか。

【大石直弥(ナオピー)選手】#2/2019年ドラフト2位
「強気の投球」を武器にプロテスト合格を果たし、福岡ソフトバンクの一員となった大石選手。得意とする「強気なプレイ」で、チームを鼓舞する起爆剤として期待されている。

「守備が上手い」今宮健太選手が好きな大石選手は、好きな特殊能力に「勝てそうな気がする」という理由で「勝ち運」を挙げた。対戦したい選手には、オリックス・指宿聖也(みっすん)選手、東京ヤクルト・大川泰広(BOW川)選手、横浜DeNA・渡邉輝哉(tell)選手の同世代の選手を指名した。

「シーズン勝ち越し」を目標に掲げ、「リーグ優勝と日本一を取れるようがんばりたい」と意気込んだ鷹の新星は、プロの舞台で躍動を見せられるか。

パーソル パ・リーグTVでは「eBASEBALL」の各試合を生配信!
「eBASEBALL プロリーグ」の各試合は「パーソル パ・リーグTV」でも生配信予定。eBASEBALLプレイヤーによるハイレベルな戦いは「パーソル パ・リーグTV」で!

「eBASEBALL プロリーグ」関連記事

元プロ野球監督・真中満氏が見る「eBASEBALL プロリーグ」とは
https://insight.official-pacificleague.com/news/20347

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:前編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20349

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:後編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20353

【チーム紹介】

◇埼玉西武ライオンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20362

◇北海道日本ハムファイターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20364

◇オリックス・バファローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20365

◇東北楽天ゴールデンイーグルス編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20366

◇千葉ロッテマリーンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20367

◇横浜DeNAベイスターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20369

◇広島東洋カープ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20370

◇読売ジャイアンツ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20371

◇中日ドラゴンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20372

◇阪神タイガース編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20373

◇東京ヤクルトスワローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20374