【eBASEBALL】「攻撃的」な野球で日本一へ。チーム紹介・巨人編

2019-11-07 14:55 「パ・リーグ インサイト」編集部
舘野選手(左下)、吉田選手(右下)、高川選手(左上)、坂東選手(右上)

舘野選手(左下)、吉田選手(右下)、高川選手(左上)、坂東選手(右上)

上位2球団と接戦を繰り広げた昨季。今季のチームカラーは「攻撃的」

 昨季は、8勝6敗1分で2位の広島と0.5ゲーム差の3位につけた巨人。CSに当たる「eリーグ代表決定戦」ファーストステージでは、広島を破ったが、ファイナルステージでは横浜DeNAに大敗を喫し、日本シリーズ進出にはあと一歩届かなかった。

 今季は、舘野弘樹(てぃーの)選手、吉田友樹(たいじ)選手の2選手と契約を継続。eドラフト会議では、昨季も巨人でプレーした高川健(ころころ)選手を再指名。また、巨人の球団職員としても働く、坂東秀憲(どぅーけん)選手を新戦力として迎え入れ、慣れ親しんだメンバーで今季を戦うことになった。

 そんな巨人がイメージするのは「攻撃的」な野球。現実の巨人と同様の強力打線を存分に生かし、日本一を目指す。チームとしても毎日合同練習に励むなど、意欲的な姿勢が伺える。

キーマンは攻守でチームをけん引する主将。レジェンドOB選手には巨人軍が誇るアーチストが

「パワプロ」では、選手一人一人に能力が存在。ゲームならではの特殊能力をどう生かすかもポイントになってくる。そこで、巨人のキーマンになる選手、今季から使用可能となったレジェンドOB選手の中から起用したい選手を挙げてもらった。

 投手では山口俊投手、田口麗斗投手、戸郷翔征投手が挙がった。舘野選手は山口俊投手と田口投手を「左右のエース」と語っており、先発の柱として期待を寄せている。高川選手は「ノビのあるストレートが魅力」と、ドラフト6位ルーキーの戸郷投手をキーマンに挙げた。

 野手のキーマンに挙がったのは坂本勇人選手。今季はリーグ2位のシーズン40本塁打を放ち、打線の核として全試合に出場した。舘野選手が「とにかくホームランが打ちやすい」と評するように、ホームランを打つ能力が高い坂本選手の前にいかに走者を出せるかが、巨人の攻撃において重要な点だろう。

 レジェンドOB選手では、巨人軍が誇るアーチスト、王貞治選手、松井秀喜選手の名前が挙がった。「パワプロ」内でも規格外のパワーが再現されており、活躍は間違いないだろう。他球団にとって脅威となる巨人のOB選手をいかに活躍させられるかが、今季のカギとなりそうだ。

読売ジャイアンツ代表選手

【舘野弘樹(てぃーの)選手】キャプテン/#35/2018年ドラフト1位
 昨季はセ・リーグ6位の打率.263、同7位の防御率3.30で、3勝2敗の成績を残した。再び巨人の一員として戦う今季もキャプテンとして、日本一を狙うチームを率いる。好きなプロ野球選手は「全てがかっこいい」という亀井善行選手。

 昨季の強振使用率は100%と「全打席HR狙いの打撃」を売りとする舘野選手の好きな特殊能力は、「ホームランを打ちやすくなる」という「パワーヒッター」「プルヒッター」「広角打法」。今季の目標には「本塁打王」を掲げ、「打撃に注目して欲しい」と語った。

 対戦したい選手には、阪神の辻恭平(ベルガモット)選手を挙げ、「昨季に続き伝統の一戦をやりたい」と答えた。「魅せて勝つ!」と今季への意気込みを語った頼もしいキャプテンの観客を湧かせるプレーに期待したい。

【吉田友樹(たいじ)選手】#55/2018年ドラフト2位
 昨季はセ・リーグ3位の防御率2.45と、安定した投球を見せ、3勝1敗1分の好成績をマークした。好きなプロ野球選手は、「子どもの頃の憧れの選手」というイチロー選手と、自信と同じ背番号の松井秀喜選手。

 安定した投球で接戦をものにしてきた吉田選手は、「全勝」を目標に見据え、「打撃の成長を見て欲しい」と語った。対戦したい選手をたずねると、「特に居ません。勝つだけです」と答え、「現実のプロ野球同様、強い巨人を見せます」と力強く意気込んだ未完の大器に注目したい。

【高川健(ころころ)選手】#6/2019年ドラフト1位
昨季はセ・リーグ11位の打率.226ながらも、同3位の21打点をマークし勝負強さを見せた。巨人から再指名を受け、同じユニフォームを着て戦う今季は、2勝3敗と悔しい結果に終わった昨季のリベンジと行きたい。

「打ち出すと止まらなくなる打撃」を売りとする高川選手の好きな特殊能力は、「ホームランが打ちやすい」という「パワーヒッター」。今季の目標を「優勝できるようにチームをサポートしていきたい」と語るなど、献身的な姿勢も見せた。

 対戦したい選手には「永遠のライバル」という広島の倉前俊英(カイ)選手。また、オリックスの高川悠(スーム)選手との兄弟対決の実現にも期待が高まる。「優勝します!」と、端的に今季の意気込みを語ったチーム最年長プレイヤーの2年目に要注目だ。

【坂東秀憲(どぅーけん)選手】#17/2019年ドラフト2位
「大崩れしない投球と一発攻勢」を武器に「eBASEBALL 2019 プロテスト」東日本オフライン選考会で、打率.247、防御率1.80の成績を残し見事合格。自身が球団職員として働いている巨人から指名を受け、プロの舞台に立つことになった。

 好きなプロ野球選手は「 “強い巨人” の絶対的リーダー」と語る阿部慎之助選手と、「男前。とにかくかっこいい」という亀井善行選手。好きな特殊能力には「ホームランが打ちやすい」と「パワーヒッター」を挙げた。

 対戦したい選手には、昨季5勝0敗の成績を残した横浜DeNAの河合祐哉(AO)選手を指名。「全勝」を掲げる坂東選手にとって避けては通れない相手となりそうだ。「最優秀防御率」を目標に、昨季は叶わなかった優勝、そして日本一へ。今季はプロプレイヤーとしてシーズンに挑む。

パーソル パ・リーグTVでは「eBASEBALL」の各試合を生配信!
「eBASEBALL プロリーグ」の各試合は「パーソル パ・リーグTV」でも生配信予定。eBASEBALLプレイヤーによるハイレベルな戦いは「パーソル パ・リーグTV」で!

「eBASEBALL プロリーグ」関連記事

元プロ野球監督・真中満氏が見る「eBASEBALL プロリーグ」とは
https://insight.official-pacificleague.com/news/20347

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:前編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20349

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:後編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20353

【チーム紹介】

◇埼玉西武ライオンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20362

◇福岡ソフトバンクホークス編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20363

◇北海道日本ハムファイターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20364

◇オリックス・バファローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20365

◇東北楽天ゴールデンイーグルス編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20366

◇千葉ロッテマリーンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20367

◇横浜DeNAベイスターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20369

◇広島東洋カープ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20370

◇中日ドラゴンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20372

◇阪神タイガース編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20373

◇東京ヤクルトスワローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20374