【eBASEBALL】昨季5位からの逆襲へ。チーム紹介・阪神編

2019-11-07 14:54 「パ・リーグ インサイト」編集部
森選手(左下)、辻選手(右下)、宇佐川選手(左上)、岸川選手(右上)

森選手(左下)、辻選手(右下)、宇佐川選手(左上)、岸川選手(右上)

昨季は5位に沈んだ阪神。「負けないチーム」を作りAクラス入りへ

 昨季は打率.233、防御率4.82で6勝8敗1分、セ・リーグ5位に終わった阪神タイガース。悔しい結果に終わった昨季だったが、セ・リーグ王者の横浜DeNAにカード勝ち越しを決めるなど、勝負強い一面も見られた。

 今季は、森翔真(ショーラ)選手、辻恭平(ベルガモット)選手の2選手と契約を継続し、eドラフト会議では、宇佐川史彬(OKARINA)選手、岸川虎太朗(コタ)選手を指名。平均年齢22.5歳の若い力でシーズンを戦うことになった。チームには関西圏に住む選手が多いため、オフラインで集まって練習を行っており、対戦相手の研究にも熱心に取り組んでいるようだ。

 そんな阪神がイメージするのは「負けないチーム(引き分けを増やす)」。現実と同様、「強力な投手陣で守り勝つ野球」でロースコアの試合を制し、前年下位からのAクラス入りを目指す。

キーマンは「火の玉ストレート」のあの投手。強力なレジェンドOB選手にも期待

「パワプロ」では、選手一人一人に能力が存在。ゲームならではの特殊能力をどう生かすかもポイントになってくる。そこで、阪神のキーマンになる選手、今季から使用可能となったレジェンドOB選手の中から起用したい選手を挙げてもらった。

 投手では藤川球児投手と岩崎優投手が挙がった。今季56試合で防御率1.77の好成績を残した藤川投手は、「守護神なのでしっかりと抑えて行きたい」と森選手が語っており、「eBASEBALL」でも最終回に君臨するようだ。岩崎投手はリリーフエースとして、フル回転が期待される。

 野手では、3選手が大山悠輔選手をキーマンに挙げた。大山選手は、「守備が良く、逆境を跳ね返せる力がある」と辻選手が高く評価。森選手は、「数少ない阪神のホームランバッター」と語っており、大山選手でどれだけ長打を打てるかが、阪神の攻撃のポイントとなりそうだ。

 レジェンドOB選手では、村山実投手、赤星憲広選手、岡田彰布選手、掛布雅之選手の名前が挙がった。強力なレジェンドOB選手が揃っているだけに、どのタイミングでどの選手を起用するかが、阪神浮上の鍵になるかもしれない。

阪神タイガース代表選手

【森翔真(ショーラ)選手】キャプテン/#22/2018年ドラフト3位
 昨季は最年少の18歳ながら2勝2敗1分と奮闘。勝ち負けがついた試合はいずれも1点差の接戦を演出した。今季はキャプテンに就任。好きな特殊能力は「負けている状況でも諦めないという選手の強い心が見えるから」と「逆境」を挙げ、「絶対日本一になります!」。熱い心では誰にも負けない。

 好きなプロ野球選手は藤川球児投手。「火の玉ストレートに小さいころから憧れていました!」と熱く語る。「負けなしで今年は行きたい」と目標を掲げ、「巧みな投球術に注目してほしいです!」と接戦をものにする投球をアピールした。

 対戦したい選手には「同年代なので是非対戦したい」と大茂英寿(ヒデナガトモ)選手を指名。そして、「やはり巨人はライバルなので3タテする気持ちでがんばります!」巨人に宣戦布告。その一員である吉田友樹(たいじ)選手とは、「去年引き分けだったのでぜひ対戦したいです」と再戦を希望した。

【辻恭平(ベルガモット)選手】#44/2018年ドラフト1位
 昨季ドラフト1位指名を受け、期待されていたが、打率.163、失点率8.68と沈み、5戦全敗を喫した不本意なシーズンとなった。「勝ちをまず一つ取ること。そして全勝でCS、日本シリーズへ」とリベンジを誓う。

 好きな特殊能力は、投手能力に「速球で押す投球が好き」と「ノビ」を、野手能力に「走塁」を挙げた。好きなプロ野球選手は梅野隆太郎選手で、「ルーキーの年に地元(※岡山)であった試合で2打席連続ホームランを打ってからファンになった」と特別な思い出を語った。

 対戦したい選手には「2017年の大会で決勝を戦った間柄」であるという中日の岡久将吾(デジうち)選手を指名。「2年目を迎え、前年よりもさらに進化したところを見せられるよう、チームとしても日本一を勝ち取れるようがんばります!」と決意を新たに2年目のシーズンへ挑む。

【宇佐川史彬(OKARINA)選手】#53/2019年ドラフト1位
 昨年のオフライン選考会のグループリーグでは打撃が奮わず敗退。迎えた今季は5戦で29得点で5勝と爆発、ドラフト指名を勝ち取った。好きなプロ野球選手には「去年の横浜DeNA戦でサヨナラヒットを打ったから」と島田海吏選手を挙げた。
 
 好きな特殊能力には「引っ張り打球が伸びてホームランが出やすい」と「プルヒッター」を挙げた。注目ポイントに「選球眼」を掲げるように、積極的かつ丁寧な打撃で、目標である「全勝」を目指す。

 気になるチームは初戦の相手である広島、ライバルの巨人を挙げた。対戦したい選手には同年代の伊勢家雄次(泉川れい)選手と大上拓海(どいや)選手を指名。「今年の阪神タイガースは逆転CSを決めたので、eBASEBALLでも逆境に強いところが見せられれば」と語った。

【岸川虎太朗(コタ)選手】#0/2019年ドラフト2位
 オフライン選考会では3勝1敗1分でグループリーグを2位通過。eドラフト会議で指名を受けた。「気持ちを前面に出すプレイ」を注目ポイントに挙げ、選球眼と投球術を売りに、接戦を勝ち取る。

 好きなプロ野球選手には柳田悠岐選手を挙げ、「2014年のホークス戦をたまたま見たときに、センター前ヒットを打ったのを見て好きになりました。豪快なフルスイングによって生み出される理解できないようなホームラン、それでいて高打率、加えて足や盗塁に方も強く、5ツールプレイヤーなところが大好きです。成績がすごいのにきどらなくておもしろくて人間性も大好きです」と愛を語る。さらに、「柳田悠岐選手のホームランが再現できる」と好きな特殊能力に「広角打法」を挙げた。

 対戦したい選手には同世代の平山大輝(ひらD)選手を指名。気になるチームには巨人を挙げ、阪神との「伝統の一戦」をeBASEBALLでも期待する。「全勝」を目標に、「絶対に優勝します」と強い決意を表明した。

パーソル パ・リーグTVでは「eBASEBALL」の各試合を生配信!
「eBASEBALL プロリーグ」の各試合は「パーソル パ・リーグTV」でも生配信予定。eBASEBALLプレイヤーによるハイレベルな戦いは「パーソル パ・リーグTV」で!

「eBASEBALL プロリーグ」関連記事

元プロ野球監督・真中満氏が見る「eBASEBALL プロリーグ」とは
https://insight.official-pacificleague.com/news/20347

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:前編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20349

「eBASEBALL プロリーグ」競技解説:後編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20353

【チーム紹介】

◇埼玉西武ライオンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20362

◇福岡ソフトバンクホークス編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20363

◇北海道日本ハムファイターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20364

◇オリックス・バファローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20365

◇東北楽天ゴールデンイーグルス編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20366

◇千葉ロッテマリーンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20367

◇横浜DeNAベイスターズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20369

◇広島東洋カープ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20370

◇読売ジャイアンツ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20371

◇中日ドラゴンズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20372

◇東京ヤクルトスワローズ編
https://insight.official-pacificleague.com/news/20374