【プレミア12】 なぜ源田は2死三塁でセーフティを仕掛けたのか? 見逃さなかった豪州守備陣の隙

2019-11-12 10:03 「Full-Count」福谷佑介
7回にセーフティバントを決めた侍ジャパンの埼玉西武・源田壮亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

7回にセーフティバントを決めた侍ジャパンの埼玉西武・源田壮亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

周東が三塁盗塁を決めると、直後の4球目でセーフティバント

■日本 3-2 オーストラリア(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦のオーストラリア戦を戦い、3-2で逆転勝ちした。2点ビハインドの4回に鈴木誠也外野手(広島東洋)が3戦連発となるソロ本塁打を放つと、7回には代走の周東の2つの盗塁と源田のセーフティバントで同点。8回に浅村の押し出し四球で決勝点を奪った。

 勝利を大きく手繰り寄せたのは7回の攻撃だった。先頭の吉田が中前安打を放って出塁すると、稲葉篤紀監督は迷わず、周東外野手を代走で起用した。「まずは同点に追いつこうと、周東に準備してもらっていた」。同点に追いつくために、とっておきのカードを切った。

 その周東が浅村への5球目で二塁盗塁に成功。さらに2死二塁で打席に立った源田への3球目で三塁への盗塁を仕掛け、成功させた。2死三塁。内野安打でも1点が入る好機が出来上がった。直後の4球目、源田が選んだのは、まさかのセーフティバント。三塁寄りの投手前に転がり、これが野選となって周東が同点のホームに触れた。

 2死三塁という場面で、稲葉篤紀監督も「まさか」と驚いた源田のセーフティバント。ここでなぜ源田はセーフティバントを選んだのか? 試合後にその狙いを語っている。

「周東が走って三塁に行ってくれて、相手のポジショニングを見た。自分のバッティングで普通に打ちに行くのと、セーフティして足を使っていくのとを考えた」

 内野手は深い守備位置にいた。普通に打ちに行ってヒットになる可能性、セーフティを仕掛けてセーフになれる可能性を、源田は瞬時に考えた。「何かが起こるかもしれない」。導き出した決断はセーフティバントだった。

 この直前、周東は三塁への盗塁について「1アウトのときと比べて、投手も野手も打者に集中していた」と、オーストラリア守備陣の警戒が緩んだところを見事に突いたものだった。周東と源田。2人の観察眼、分析力が凝縮されて生まれた同点シーンだった。