森友哉(埼玉西武ライオンズ)~捕手史上4人目の首位打者。攻守で存在感を示す天才~【インサイト的選手名鑑】

2019-11-12 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》100打点!! L森 比類なき勝負強さとバットコントロール(C)パーソル パ・リーグTV

森友哉(もり・ともや)/捕手

#10/1995年8月8日生まれ
170cm・80kg/右投左打


 大阪桐蔭高校から2013年のドラフト1位で埼玉西武に入団。高校時代は1学年先輩の藤浪晋太郎投手(阪神)とバッテリーを組み、史上7校目となる甲子園春夏連覇を達成した。埼玉西武では、年上選手に対しても壁を作らず、タメ口で話して打ち解けるなど、チームからも愛されている若き正捕手だ。

 重心が低いバッティングフォームから、大きなフォロースルーを描いて快打を飛ばす森選手。その魅力的な打撃を武器に、1年目から41試合に出場すると、2年目には138試合に出場し、規定打席に到達。リーグ8位の打率.287をマークしてその名をとどろかせた。3年目は107試合で打率.292、4年目は故障の影響により38試合の出場にとどまったが、打率.339の好成績をマークし、順調にキャリアを重ねた。

 打撃を買われて一軍の戦力として活躍していたが、プロ入りからの4年間で捕手として出場した試合はわずか62試合と、多くが指名打者、外野手での出場だった。そんな森選手が捕手として本格的に活躍を見せたのは2018年。この年はシーズン通して正捕手として活躍し、打撃では満塁本塁打を3本放つなど、攻守に渡ってリーグ優勝に大きく貢献。最終的には136試合で打率.275、16本塁打80打点の成績をマーク、捕手としてはチーム最多の81試合に出場し、ベストナインに輝くなど、女房役として大きな成長を見せた。

 2019年は、炭谷銀仁朗選手(巨人)がFA移籍したこともあり、捕手としての出場数は2018年よりも多い128試合に。打撃では打率.329、23本塁打、105打点と主要3部門でキャリアハイの成績を残し、自身初の打撃タイトル「首位打者」を獲得。強力打線の中核として、そして扇のかなめとしてチームを引っ張り、リーグ連覇の立役者となった。

《THE FEATURE PLAYER》L森友哉 『珠玉のバットコントロール』まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

森友哉をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

多様な個性でプロ野球を彩る。パ・リーグが誇る「小さな巨人」たち
https://insight.official-pacificleague.com/news/20470

ソロ、2ラン、3ラン、満塁……パ・リーグの「走者別本塁打王」ランキング
https://insight.official-pacificleague.com/news/20014