ホークスが「球団誕生15周年ユニホーム」お披露目 来季5試合で着用

2019-11-24 18:59 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク15周年ユニがお披露目となった※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンク15周年ユニがお披露目となった※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

黒×シルバーのデザイン、初回3月29日の試合でレプリカ無料配布

 福岡ソフトバンクは24日、「2019ファンフェスティバル」で来季の「福岡ソフトバンクホークス誕生15周年」を記念した特別ユニホームを発表した。来季5試合に着用する。

 2020年は福岡ソフトバンクホークスが誕生して15周年。それを記念して来シーズンの5試合で「=HAWKS15thデー」を開催し、監督、コーチ、選手は「=ホークス15thユニフォーム」を着用して試合に臨む。

「2019ファンフェスティバル」の終盤、松田宣浩内野手がモデルとなって同ユニホームをお披露目した。黒地に福岡ソフトバンクグループのコーポレートカラーであるシルバーを配し、右袖には福岡ソフトバンクホークス15周年のロゴが入る。

 「=HAWKS15thデー」が開催されるのは、3月29日(日)、5月4日(月・祝)、6月24日(水)、8月30日(日)、9月22日(火・祝)の5試合。初回(3月29日)の試合のみ同ユニホームのレプリカを来場者全員に無料配布する。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)