新人目立つロッテ、オリは宗がブレイク OP戦に見る昨季パBクラス陣容

2018-03-29 20:54 「Full-Count」広尾晃
北海道日本ハム・横尾俊建選手

北海道日本ハム・横尾俊建選手

千葉ロッテは菅野選手、藤岡裕選手の新人コンビが存在感

今季オープン戦におけるポジション別の野手起用を、昨年レギュラーシーズンの選手起用と比較すると、各球団の今季戦力が見えてくる。これを俯瞰してみよう。昨季パ・リーグ6~4位のチームはどうだろう。

左が2017年の各ポジションの最多出場選手、右が2018年オープン戦の各ポジション最多出場選手。

〇千葉ロッテ
捕手・田村龍弘→田村龍弘
一塁・パラデス→井上晴哉
二塁・鈴木大地→中村奨吾
三塁・中村奨吾→鈴木大地
遊撃・三木亮→平沢大河
外野・角中勝也→荻野貴司
外野・荻野貴司→菅野剛士
外野・加藤翔平→岡田幸文
DH・大嶺翔太→ドミンゲス

昨年は打線が崩壊した千葉ロッテ。今年は一塁に井上選手を固定、二塁の鈴木選手と三塁の中村選手を入れ替えた。鈴木選手、中村選手ともにオープン戦は好調だった。遊撃には新人の藤岡裕選手を抜擢する。外野はオープン戦好調の荻野貴選手、ドラフト4位で即戦力と前評判の高かった菅野選手は決まりか。主軸の角中選手が出遅れているのが気にかかる。新外国人ドミンゲス選手は一塁も守るが、もっぱらDHになりそうだ。

〇北海道日本ハム
捕手・大野奨太→清水優心
一塁・中田翔→横尾俊建
二塁・田中賢介→横尾俊建
三塁・レアード→レアード
遊撃・中島卓也→中島卓也
外野・西川遥輝→西川遥輝
外野・大田泰示→大田泰示
外野・松本剛→岡大海、松本剛
DH・大谷翔平→近藤健介

大野奨太選手が抜けた捕手は清水優心選手。福岡ソフトバンクから移籍した鶴岡慎也選手も9試合でマスクをかぶった。「おにぎり君」こと横尾選手が一塁、二塁、三塁を守りながら試合に出続けた。一塁は中田翔選手が当確なので、開幕後は二塁、三塁で起用されると思われる。清宮幸太郎選手は開幕2軍となった。外野は西川選手以外の2つのポジションを大田選手、岡選手、松本選手で争っている。DHは、捕手登録の近藤健介選手と新外国人アルシア選手の争いか。