千葉ロッテ、楽天FA美馬の獲得を発表 松本球団本部長「勝負強い投手。心強い限り」

2019-11-25 12:04 「Full-Count」編集部
千葉ロッテが獲得を発表した美馬学※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

千葉ロッテが獲得を発表した美馬学※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

今季は25試合登板、8勝5敗、防御率4.01

 千葉ロッテは25日、楽天から国内FA権を行使していた美馬学投手の獲得を発表した。12月3日に千葉市内のホテルで入団会見を行う。

 33歳の美馬は10年ドラフト2位で楽天入り。12年から先発ローテーションの一角を務め、13年の巨人との日本シリーズでは2勝を挙げてMVPを受賞。17年には11勝8敗、防御率3.26をマークした。今季は開幕から先発ローテを守り、規定投球回に到達。25試合登板、8勝5敗、防御率4.01を記録し、シーズン後に今季中に取得した国内FA権を行使することを表明していた。

 NPB通算成績は185試合登板、51勝60敗5ホールド、防御率3.82。松本尚樹球団本部長は「本日、美馬選手から入団する旨のご連絡をいただきました。素晴らしい性格の選手で若い選手が多いマリーンズにあって見本となってもらい、引っ張ってくれることを期待しています。精神的にもタフな選手で特に大舞台、ここ一番という場面での投球は素晴らしいものがあると思っています。勝負強い投手がマリーンズに加わり、心強い限りです。1年目からZOZOマリンスタジアムの風を生かし、相手打者を翻弄してくれることを期待しています」とコメントした。

(Full-Count編集部)