鷹、バンデンハークの残留を発表 来季の1年契約に合意「幸せを感じている」

2019-11-29 14:09 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福岡ソフトバンクのリック・バンデンハーク※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

2015年に福岡ソフトバンクに入団し、来季が6年目のシーズンに

 福岡ソフトバンクは29日、リック・バンデンハーク投手と来季の契約に合意したと発表した。2020年シーズンの1年契約となる。

 バンデンハークは今季、腰痛の影響などで出遅れて開幕1軍入りを逃した。6月4日の交流戦の中日戦で1軍復帰を果たして勝利をあげたが、その後は肘の張りで再び離脱。シーズン終盤に復帰し、今季は2勝0敗だった。ポストシーズンでは先発ローテの一角を担って3年連続日本一に貢献した。

 2015年に入団し、来季が来日6年目となるバンデンハークは球団を通じて「今回こうしてホークス球団と再契約することができ、とても感謝しています。 福岡ソフトバンクホークスという常勝チームが持つ特別な環境の中で、その一員としてまたプレー出来ることに改めて幸せを感 じています。2020シーズン、またチームメイトとともに 4 年連続日本一を目指してプレーすることを楽しみにしています。 最後に、これまで私や私の家族にずっと温かい声援を送ってくれたホークスファンの皆さんに心から感謝します」とコメントした。

(Full-Count編集部)