NPBが2020年オープン戦日程発表 2月16日に開幕、3月15日に終了する

2019-12-10 13:25 「Full-Count」編集部
巨人・原辰徳監督と福岡ソフトバンク・工藤公康監督(左から)※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images、荒川祐史)

巨人・原辰徳監督と福岡ソフトバンク・工藤公康監督(左から)※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images、荒川祐史)

来年の公式戦はセ・パ両リーグともに3月20日に開幕する

 日本野球機構(NPB)は10日、来季のオープン戦日程を発表した。2020年度のオープン戦開幕は2月16日の巨人対横浜DeNA(那覇)で、北海道日本ハム対巨人(名護)など4試合が開催される2月22日から本格的に行われる。

 2月29日には札幌ドーム、東京ドーム、ZOZOマリン、ナゴヤドーム、PayPayドームと、5試合が1軍本拠地で開催。名称が変わったPayPayドームは同日の福岡ソフトバンク対阪神が“デビュー戦”となる。オープン戦は3月15日に終了する

 来年の公式戦はセ・パ両リーグともに3月20日に開幕。東京五輪開催のため、7月21日から8月13日までは中断期間となる。